ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「アイカツスターズ!」50話感想。世代交代するも最強世代のS4はやっぱり偉大

 

どうも、ヒャルキィです。

 

アニメ「アイカツスターズ!」50話「最強のLIVE☆」

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

アイカツスターズ!

www.aikatsu.net/
 

 

【前回(49話)の内容】

歌組の決定戦は超激戦。暫定1位のローラに挑んだ、ゆめは一躍トップに躍り出るも、

圧倒的な存在感を誇る、ひめの前に完敗する。夕日に向かって雪辱を誓う、

ゆめの前に現れた、ひめは「次のステージで待ってる」というのだった…

hyaluckee.hatenablog.com

 

【50話の内容】 

≪1.卒業式を前に≫

S4は集合し、お茶会を催す。

ひめが「この瞬間が永遠に続けばいいのに」と言うと、皆が賛同した。

気持ちを切り替えた、ひめは、

「でも、私たちは立ち止まっていられない、

常に進んでいかなくてはならない」と言う。

夜空は「お茶をお代わりするぐらいの時間はあるわよ」と笑顔で答える。

 

 

≪2.卒業式が始まった≫

校長の挨拶で卒業式が始まった。

送辞は、有莉が読み、答辞は、ツバサが読んだ。

式はつつがなく進んでいき、S4任命式へ。

 

 

≪3.S4任命式≫

舞組の、ゆずは「仲間の大切さ」を語った。

決定戦では、ゆずが防衛したのでそのままS4に留任。

 

劇組の、ツバサは

「どんなに過酷な状況でも自分を信じることの大切さ」を語った。

決定戦では、ツバサは防衛したが卒業するので、次点の、

あこが新S4になった。

 

美組の、夜空は、

「四ツ星学園に入学して本当に良かったのか

迷っていた時期があった」

という意外なことを話し始める。しかし、これまでの経験を通して、

その迷いを払拭することが出来ようで、

「この学園に入って本当によかった」という。

新S4には、決定戦で自分を下してトップに立った妹・真昼。

夜空は、自分が来ていたS4のジャケットを妹に着せる。

真昼は「姉の名に恥じないようがんばります」と言った。

 

歌組の、ひめは、

「これまで色々なことがあったが

無駄なことは一つもなかった。

全ての巡り合わせに感謝して、

私は次のステージに進みます」といい、

決定戦で次点だった、ゆめにジャケットを着せる。

ゆめは「私はひめ先輩と違ってたよりないかもしれないけど、

私は私なりのS4になります」というのだった。

 

 

≪4.M4が来た≫ 

フォトセッションを終えた、1年生3人が一息ついていると、

M4がやってきた。

「M4は交代はなくこれまで通り、

これからが本当のライバル」という、すばるに、

ゆめは「望むところだよ」という。

 

その後、ゆめは、S4が主催する、

「サンキューバーティー」の存在を知り、何かを思いつく。

 

 

≪5.S4の引継ぎ≫

新S4になる1年生3人は、ツバサの指導で、引継ぎに入ったが、

S4TV、ブランドの記者会見、学園パンフレットのメッセージなどなど、

疲れるぐらいの引継ぎがあり、ぐったりする。

 

最後に「幹部」を任命するように言われた、ゆめたち。

よく考えてから任命しろ、と言われた3人。

ゆめは、ローラのところに行ったが、

彼女は快く引き受けたのだった。

さらに、ゆめは、リリィと、有莉に引き続き幹部にとどまってほしい、

と、たのみに行くと、こっちもOKだった。

そして、2人に早速たのみごとをする、ゆめ。

 

 

≪6.S4主催のサンキューパーティーで≫

ツバサは在校生たちに、決めゼリフを披露。

夜空は、記念撮影会。

ひめは、激辛カレーを振る舞っていた。

ゆずは、卒業するミキとの別れを惜しんでいたが、

その最中にどこかに行ってしまう。

 

 

≪7.思い出の木の根元に集まったS4たち≫

「ステージに上がったら逃げも隠れもできない。

この1年間、嬉しいこと、悲しいこと、様々なことがあったけれど、

皆がいたから乗り越えることが出来た、

遠く離れても4人の想いはこの木のように根っこでつながっている」

絆を再確認する。

 

 

≪8.ライブ前≫

準備ができたことを確認し、

私たちの過去と未来のために、最強のライブをしよう、

と言って、ステージに向かった4人。

 

ライブは大成功で幕を閉じる。 

 

 

≪9.終演後≫

ライブを終えたS4は観客に感謝するが、

「感謝するのはこっちです」という、ゆめの合図で、

会場にいた全員がサイリウムを取り出し、

「S4ありがとうダイスキ」という文字を

形作ったのだった。

 

それに感激したS4の4人の背中には、

翼が生え「私たちも、大好き!」と言って客席に舞い降りる。

 

 

 

【短評】

任命式はけっこうゾクゾクしました。

夜空が、真昼に自分のジャケットを着せるところとか。

 

やっぱり、ひめは大分大人びてますね。

ホントに中学生なのか?

「進み続けなければならない」だなんて。

彼女はあまりにも遠くの未来を見通しているんだろう。

S4であることも、あくまで「過程」 に過ぎない。

 

そういえば、中学のころやけに大人びてる級友がいたことを思い出した。

今頃、何をされているのか? 

 

ゆめが思いついたことは、

サイリウムを用意して、S4へのサプライズをすることだったんですね。

 

そして、最後のシーンで翼が生えているのは何を意味するのか?

ゆめたち1年生だけでなく、リリィと、有莉にも生えていたのだが…

 

ちょっと気が早いが、この次のS4は、

舞組にローラが転籍して、

ゆめたちの世代がS4になるんじゃないか?

というありきたりな予想をして締め括っておきます。

それでは、次回こうご期待です。

アイカツスターズ!公式ブック STAR1 2017年 04 月号 [雑誌]: ちゃお 増刊

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』2ndシーズンOP/ED主題歌「STARDOM!/Bon Bon Voyage!」

アイカツスターズ! Blu-ray BOX3

アイカツスターズ!公式ファンブック STEP5 2017年 01 月号 [雑誌]: ちゃお 増刊

データカードダスアイカツスターズ!ベリーパルフェ ブランドカードセット

 

【最近の感想】

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com