読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「ACCA13区監察課」12話(最終回)感想。一転して平和的解決。そしてジーンは再び日常に溶け込む…

 

どうも、ヒャルキィです。

 

アニメ「ACCA13区監察課」12話(最終話)「鳥の行方」

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

TVアニメ『ACCA13区監察課』公式サイト

acca-anime.com/
 
 

 

【12話の内容】

≪1.クーデター前の集会で≫

グロッシュラーに代わり、段取りの最終確認をする、リーリウム。 

 

その席で、

「王子が王位を明け渡すことに意固地になる可能性があるので、

自分は前に出ない方がいい」という、ジーン。

その言葉に皆が納得し、王位継承は後日行わる、という運びになった。

 

 

クーデターの件は皆が知っていて警察局にもそのことが通達されていた。

警察局の集会でレイルは「オータス家はどうなるのか?」と思う。

 

 

≪2.翌日≫

朝から、バードンはものものしい空気に包まれていた。

 

会場である広場にやってきた、ロッタは、

列席する壇上の幹部たちの中に、兄の姿を発見して違和感を感じる。

 

クーデターのことを知らないのは、王子側のみ。

式典が始まったが、プログラムは予定通り進行していった。

 

 

≪3.王子の式辞の時に事態は動いた≫

王子を取り囲み銃を構える衛兵たち。

そこへ、リーリウムが出てきて

「ACCAをなくそうとする王子の即位を認めない」

という旨の発言をすると会場がざわつき始めた。

 

「どうして、王位を簒奪しようとするお前が前面に出てこないのだ」

と苛立ちをあらわにする、シュヴァーン王子。

 

兄の身を案じるロッタの隣にやってきて肩に手を置く、ニーノ。

 

 

≪4.そこに、モーヴが出てきた≫

段取りにはない動きに眉をしかめる、リーリウム。

 

モーヴは、「王位継承権者はあなたであるが、

あなたはいつ何時命を狙われてもおかしくない存在であることを、

知らしめるためにこんな寸劇まがいのことをした。

ドーワー家はこの国の平和の象徴であり、

ACCAは末永く王家を守っていきたい」という。

そして、王子はACCAの継続を認めたのだった。

 

 

≪5.野望を挫かれた、リーリウム家≫

実は、この時すでに、モーヴの手によって、

フラワウ区内にも手回しがされていた。

そこで初めて

「この件について知らなかったのは我らのみだった」

ということを知ったリーリウム勢。

 

そして、全ての黒幕はジーンであることに気づいた、リーリウム。

「ACCA存続という大義名分を掲げているが、フラワウは、

ドーワー家に代わって

この国の政権を握ろうとしていたに過ぎない」

ということを喝破した、ジーンは、

「ACCAの存続さえ決まってしまえば、

リーリウムの野望は手詰まりになる。

まだゲームを続けるか?」と、

リーリウムに問う。

 

リーリウムは「このゲームから降りる」と言って、去った。

その後、グロッシュラーも、

「5長官はそもそも不要な存在であるので廃止し、

あとは君に任せる」と、モーヴに託しその場を去った。

 

 

≪6.式典終了後≫

オータス兄妹は、王子と面会。

王子から「国王も喜ぶから王家に遊びに来い」と言われる。

 

ジーンたちは王族の出だというこを知られずに事態は収束した。

 

 

≪7.その日を境に、ACCAは新体制に移行≫

5長官制度は廃止され最高責任者は、モーヴだけになる。

フラワウ区だけが独立し、ACCAは12区へ…

 

 

≪8.ドーワー王家を訪れた、ロッタは≫

暗殺されそうになったが「謝ってくれた」という理由で、第一王女を許す。

 

 

≪9.アーベントに会った、ニーノ≫

その手腕を褒めるが、

「王子が即位する前に、

リーリウム家の野望を一掃しなければならなかった、

全てはクヴァルム院長が計画したことだ」という、アーベント。

「その計画が成功したのも、

ジーンが即位の意志がないことを見抜いていていたからであり、

その思惑は通常の上を行っている」という、ニーノ。

 

そして

「もう国王に主治医は必要ないからお役御免、

好きなように生きろ」

といって去って行った、アーベント。

タクシーに乗って移動する、アーベントだったが、

果たしてその正体は、オウルだった。

そして、オウルはジーンの移動願いを破棄する。

 

 

≪10.監察課にやってきた、ジーンは≫

モーヴとの会話を回想する。

「グロッシュラーは自分が王族の出だと知っていたのに、

彼は自分を政争に巻き込もうとはせず、ACCAに誇りを持ち独立を守ろうとした。

そんな彼を私は尊敬している」

という、ジーンだったが、その見解は、モーヴと一致するところだった。

 

 

≪11.酒場でニーノと会ったジーン≫ 

プロムキングになったのに、

「お前の方が似合っている」といわれ、ニーノから王冠を被せられた、ジーン。

その時のことを思い出した、ジーンは、

「ホント変わらないんだな、俺たち」という。 

 

 

 

【短評】

クーデターが起きるが、それを「演習」として、

リーリウム家の野望を挫いた、

どんでん返しのどんでん返しがおもしろかったですね。

もっとも、手に汗は握らなかったが…

 

リーリウム家にはそれ相応の探査能力があるのに、

徹底した箝口令など敷けるわけないだろ、と思ったが、

「それはそれ」なんだろう… 

それとも、目標達成が目前に迫った者には、

周りのことが目に入らなくなる、ということなのだろうか?

勝利を確信するとドーパミンがドバドバ出てハッピーになるらしいですよ。

 

だが、実際には、クーデターが起こって体制が変わるより、

現体制で移行した方が民衆も受け入れやすい。

基本的に人間は変化を好まない。

このことを念頭に入れていたジーンたちの方が、

一枚上手だったということだろう。

 

終わってみれば「この騒動なんのこっちゃ?」だったが、

王家にとっては新王即位に関する毒を除いて、

雨降って地固まりめでたしめでたし、ということだったんでしょう。

それに、ジーンが即位したとしてもどれほどメリットがあったかも疑問。

 

一番驚いたのは、オウルが王家に関りある人物だった、

と言うことですかねー。 

そう来たかー。

 

で、最終的に、ジーンとニーノは無二の親友、

ということで終わるという…

いやー、いい話でしたねー(おい!)

 

最後にこれだけは言っておこう。

「喫煙は発癌のリスクが30%増しになる」と言うことをね!

TVアニメ『ACCA13区監察課』OP主題歌「Shadow and Truth」

ACCA13区監察課 ビジュアルブック

ACCA13区監察課 Blu-ray BOX 1 (特装限定版)

TVアニメ『ACCA13区監察課』オリジナルサウンドトラック “SMOKE and MIRRORS”

ACCA13区監察課 2017年スクールカレンダー

 

【最近の感想】

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com