ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「けものフレンズ」11話感想。かばんちゃんは漢の中の漢。サーバルちゃんを守るためにとった行動は…

 

どうも、ヒャルキィです。

 

アニメ「けものフレンズ」11話「せるりあん」

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

けものフレンズプロジェクト|公式サイト

kemono-friends.jp/
 

 

【前回(10話)の内容】

森のロッジで怪奇現象に怯えるフレンズたちだったが、それは、

ラッキーさんが投射した映像によるものだった。目的地である港へ向かう、

かばんちゃんたちだったがそこへ謎の爆発が起こる…

hyaluckee.hatenablog.com

 

【11話の内容】

≪1.爆発が起こった山の方に向かう、かばんちゃたち≫

そこへ、セルリアンが現れた。

サーバルちゃんは爪(サーバルクロウ(仮))で攻撃するが全く通用せず。

彼女たちのピンチを救ったのは、セルリアンハンター

キンシコウ(サル目オナガザル科シシバナザル属) 

だった。

 

 

≪2.キンシコウについていくことにした2人≫

セルリアンについての話をしていたが、

途中で、キンシコウの仲間である、

ヒグマ(ネコ目クマ科クマ属) 

と出会い、目的のセルリアンはリカオンが追っている、

という話しをする。

 

 

≪3.再び山から爆発音≫

ラッキーさんは「サンドスターローの濃度が高くなっている」

警告を発する。

 

セルリアン退治に向かおうとする、ヒグマたちに、

「私たちも手伝う」という、サーバルちゃんに、

「ザコに用はない」と一刀両断する、ヒグマ。

そして、ハンターたちは巨大セルリアン退治に行ってしまった。

 

 

≪4.一方、ラッキーさんは≫

「山に行くからここで待ってろ」というが、

かばんちゃんたちはラッキーさんについていくことにした。

 

山頂付近で、ミライさんの映像を映し出したラッキーさん。

ミライさんは巨大セルリアンについて分かったことを語る。

1.いくら攻撃してもサンドスターローを吸収する

2.光の方向へと進む

3.海を嫌がっている

そして、

「シシン」の位置は「貴重なもの」の位置

そのものだった、といって映像は終わる。

 

 

≪5.そのころ、ヒグマたちは≫

仲間の

リカオン(ネコ目イヌ科リカオン属)

と合流して、巨大セルリアンと戦っていた。

いつの間にか、やられたのか大地に倒れているキンシコウ…

 

 

≪6.山の上からその光景を見た2人≫

「加勢しないと!」という、サーバルちゃんに、

「そんなことよりシシンを探そう」という、

かばんちゃん。

 

 

≪7.新井さんたちとのやり取り≫ 

そこへ、

アライグマ(ネコ目アライグマ科アライグマ属)

が現れ、かばんちゃんの帽子を奪う。

 

かばんちゃんの身を案じる、サーバルちゃん。

新井さんは「かばんさんがいるのか?」と反応。

「この子こそが、かばんちゃんだよ」という、サーバルちゃん。

かばんさんの偉大さを力説しつつ、

「コイツが、かばんさんのわけがない」

という新井さん。

 

そこに、

フェネック(ネコ目イヌ科キツネ属)

が仲裁に入ったことにより「かばんちゃんが、かばんさんでである」

ということを認めた、新井さんは帽子を返す。

 

 

≪8.そこで再び、ラッキーさんから、ミライさんの声が≫

地図上の「う-3」の地点が火口の中心でその東西南北に、

「シシン」が設置されている。

これがサンドスターをフィルタリングしているなら、

この島にとってまさしく「宝」である、というミライさん。

 

シシンを探し始めた4人だったが、そこで、

サンドスターローが大量放出された。

ヒグマたちが戦っていた巨大セルリアンはさらに巨大化する。

 

 

≪9.ラッキーさんの退避勧告≫ 

「巨大セルリアンが出現する恐れがある」と、退避勧告をする、ラッキーさん。

「今はそんなことをしている場合じゃない」といってラッキーさんを説得した、

かばんちゃんは、暫定パークガイドになり権限を付与される。

新井さんとフェネックがシシンを掘り起こしたので指定の位置に、

設置すると、火口にフィルターができ、

サンドスターの放出を止めることが出来た。

 

ヒグマたちが対峙していたセルリアンは、

巨大化が止まり太陽の方に向かって進み始めた。

そこに、バスに乗ったサーバルちゃんたちがやってきた。

 

 

≪10.作戦会議をする、かばんちゃんたち≫

夜になったらバスのライトでセルリアンを海に誘導するが、

何か問題があったら松明で対応する、ということになった。

フレンズたちは火におびえていたが、

ヒグマだけは平気だったので、

その役割を担うことになった。

海に着いたら、船に誘導して片足が乗ったところで海に沈める、

ということで作戦会議は終了。

 

 

≪11.作戦が始まった≫

ラッキーさんの運転で、

順調にセルリアンを誘導していたかに見えたが、

セルリアンがイレギュラーの攻撃を仕掛けてきたことにより、

バスは転倒させられる。

 

かばんちゃんと、ラッキーさんを庇ったことにより、

サーバルちゃんが飲み込まれ動転する、かばんちゃん。

 

 

≪12.ヒグマにたしなめられる、かばんちゃん≫

落ち着きを取り戻し、作戦へと復帰した、かばんちゃんは、

ヒグマとこれからの作戦を確認する。

ヒグマはラッキーさんを抱えて港に誘導するが、

かばんちゃんは打合せとは違う行動をとる。

 

 

≪13.サーバルちゃんを救出したが…≫ 

木に登り命綱をつけた、かばんちゃんはセルリアンに飛び込んで、

サーバルちゃんを救出するが、呼びかけるも意識は戻らなかった。

 

サーバルちゃんによって自分の存在価値を見出された、

かばんちゃんは彼女への感謝の言葉を述べ、

自分が犠牲になることにより、

サーバルちゃんを救うことを選択。

 

松明によって、セルリアンの注意を引きつけた、かばんちゃんは、

そのまま飲み込まれてしまった。

 

 

 

【短評】

一番重要な人物である、かばんちゃんが、

サーバルちゃんのために自らを犠牲に…

 

まさしく

「士は己を知るもののために死す」

というやつですね。

かばんちゃんは、漢だな~

大谷吉継級の義士ですよ。

 

もしくは「愛」

「捨身飼虎」じゃないが、

自分の身を犠牲にして他の生命を助けるのは、究極の愛の形。

生命は自己の身を保存するために生きるのが本来の姿なのに、

生物の本旨に反する行動。

それはまさに神への反逆と言ってもいい。

 

だが、一方で、この作戦は、かばんちゃんがいないと、

機能しないので全てはご破算に…

他のフレンズたちの運命は?

まー、簡単に、かばんちゃんがくたばるとは思えないが…

 

そして、一体いつの間に?

どういうわけか地面に突っ伏していたキンシコウ…

あのわずかな時間に何があったのか?

 

「シシン」が何か、ということも大体わかったし、

伏線は着々と回収されつつある。

かばんちゃんは、ヒグマたちの応援より、そっちを優先した方がいい、

というが、さすがの判断力ですね。

もっとも、本作では「ヒトは賢い」という設定になっているが、

アホなのもいるので注意が必要。

 

あー、あと豆知識としては、

「ヒグマ」は日本国内でも遭遇する可能性があるし、

超ヤバいから注意が必要。

何がヤバいって、その爪の攻撃がヤバい。

破壊力もさることながら、その攻撃で生き残ったとしても、

その爪はめちゃくちゃ汚く

そこからほぼ100%破傷風になる。

破傷風から命を取り留めたとしても、

顔面に攻撃を食らうと顔面崩壊は必至。

残りの人生を苦しみながら生きなければならない。

くわばらくわばら…

対処法としては動物園のお兄さんが言っていたように、

万一遭遇してもビックリさせないことですかねー。

 

あと、新井さんがなんかかわいい。もえる。

 

さて、次回最終回のようですがどうなるんでしょうか?

1回の放送で他の伏線は回収されるのか?

こうご期待です。

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

【早期購入特典あり】TVアニメ「けものフレンズ」ドラマ&キャラクターソングアルバム「Japari Café」(CD)+TVアニメ「けものフレンズ」オリジナルサウンドトラック(CD)セット(期間限定早期同時購入特典付)

けものフレンズ コミックアラカルト ジャパリパーク編 (角川コミックス・エース)

ようこそジャパリパークへ(初回限定盤)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (4)

けものフレンズ もちころりん BOX商品 1BOX = 6個入り、全6種類

【次回(12話)感想】

hyaluckee.hatenablog.com

 

【最近の感想】

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com