読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「3月のライオン」22話(最終回)感想。今後の展開に光明を残しつつ第2シリーズは10月からみたいです…

 

どうも、ヒャルキィです。

 

アニメ「3月のライオン」22話(最終回)

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

TVアニメ「3月のライオン」公式サイト

3lion-anime.com/
 

 

【22話の内容】

Chapter.45 新学期

≪1.なんだかんだでダブった零は…≫

女生徒から「お爺ちゃんの遊びである将棋で

学校サボって留年食らった」

曲解されながらも、クラスに溶け込もうとするが、

そんなのはムーリー。

それが出来てりゃ、ハナからボッチ飯など囲ってないと思いつつ、

とりあえず、順位戦と新人戦に集中しよう、と思う。

 

 

≪2.そんな中≫

零は、去年まで担任で世話になっていた、

林田先生が新しいクラスの子たちと

よろしくやっているのを目撃し、

寂しげな表情を見せる。

 

 

≪3.その表情を見逃さなかった先生は≫

零のところに駆けつけてきて、

「お前は、ぼっちになるために学校に来てるのか?」と窘めながらも、

将棋部を作ることを提案する。

その提案に乗っかることにした、零だったが、先生の本意は、

「公然とプロの指導を受けられる」ということだった。

そのことに少なからず落胆する、零。

 

 

≪4.だが、真の問題はそんなことではなかった≫

ガチで部員が集まらなかったので

「そんなに将棋って人気ないの?」と頭を抱える先生。

そこで、一計を案じた先生は理科クラブへ。

 

 

≪5.先生の提案≫ 

科学部でも定員割れによる廃部の危機を迎えていた。

部長の野口は、

幼少時に祖父から手ほどきを受けて将棋を指すことが出来た。

 

そこで、先生の提案により、理科クラブと将棋部を合併し、

「将棋科学部」にすることで部員が5人になり、

双方WinWinの関係になったのだった。

 

 

ファイター

≪6.零の回想≫

幼少期から人に好かれなかった、零の隣はいつも空席だった。

遠足のバスでも露骨に忌避され気まずい思いをする、零。

 

目的地に着いたが、避難スペースゼロの原っぱ。

ここで自分がぼっちでいるところを先生に見つかれば、

HRで議題にされるのは必至。

そんなことをしても問題は解決されずに、

自分の心の傷を抉られるだけ。

「それはだけは絶対に避けたい!」と思った零は、

遠方の茂みの中に退避する。

 

そこで、117手詰めの問題を解いていたが、同時に、

蟻が飴を融かして運ぶことを発見する。

帰りのバスの中でも、当然隣に人はいない。

「僕の隣には一生

人は来ないのだろうか?」と思う、零。

 

 

≪7.将棋道場での変化≫

だが、将棋道場に通うようになって、零の周囲は一変する。

対戦カードを持っていると、次から次へと対戦相手がやってきて、

自分に居場所が与えられる。

「これは切符であり、何に代えても守り抜かなければならないものだ」

と思うようになった、零。

 

 

≪8.現実に戻った零≫

今、まさに島田八段の対局中だった。

そのことで、二階堂から意見を求められる。

 

その中で、零はガムシャラに将棋を指すことによって、

1人にならないようにがんばらなくても、

同じように「光がある方向に進んでいる存在」

がいることに気づくのだった。

 

 

 

【短評】

なんか、いつの間にか最終回でしたね。

あ、そうだったんだ…、と度肝を抜かれました。

別にこのままで終わりでも問題ない終わり方だったけど、

どうやら、続きがある模様。

今年の10月から第2シリーズが放送されるようです。

 

えーと、まー「3姉妹が出ないで最終回になるのか?」

と思ったけど、2ndシーズンがあるということで、

それはそれでよかった、といえるのかもしれない…

 

今回も内容的には、まー、いつものように、

零の内面を描いていて、悲しいけれども、

一筋の光明を見出せるような作風になっていて、

考えさせられる内容ではあったが、

決して、気軽に円盤に手を出したくなるようなものではないですね。

まー、この重厚さが本作の売りだからしょうがないか!

ははははは!

 

それをリカバーするためかどうかは知らないが、

多少笑いがある部分もあったものの、

これは原作にもある内容なのかどうかは不明。

 

でも、続編が放送時期まで決まっている、ということは、

それなりに円盤が売れたということなのでしょう。

それはそれでめでたいことです。

そんなこんなで、第2シリーズにこうご期待です。

別冊クイック・ジャパン 3月のライオンと羽海野チカの世界

3月のライオン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)

映画 3月のライオン ビジュアルブック (白泉社ムック)

3月のライオン お茶の間の川本家 BOX商品 1BOX = 8個入り、全8種類

 

【最近の感想】

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com