読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「風夏」11話感想。静かすぎるラス前…だがそれが波乱を予感させる…

 

どうも、ヒャルキィです。

 

アニメ「風夏」11話「バンド」

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

TVアニメ『風夏』公式サイト

fuuka.tv/
 
 

 

【前回(10話)の内容】

優と小雪がイチャついてるところを見て激しく胸を締め付けられる風夏。

彼女はライブ会場に向かう際に自分の代わりに轢かれたストラップを見て、

優と決別することに…。風夏はライブ終了後、ソロでやっていくと宣言するのだった

hyaluckee.hatenablog.com

 

【11話の内容】

≪1.回想する優≫

「風夏が決めたことなら…」と、何も言わなかった、優だったが…

 

 

≪2.ガチでバンドをやめた、風夏は≫

最上の事務所に行きメジャー契約を交わす。

 

 

≪3.仕事先から電話をかけてきた、小雪≫

彼女は、優の異変を感じ取るも「なんでもない」といわれる。

 

 

≪4.久しぶりに集まった風夏以外のメンバー≫

集まったものの、メンバーは、

「風夏がいないならこのバンドは死に体だ」

という共通認識を持っていた。

那智は「バンドは逃げだったのかもしれない」といい

「陸上の道へ戻る」と話すが、何も言わない優に苛立つ。

 

 

≪5.それぞれの道を踏み出すメンバーたち≫

沙羅の不可解なシャワーシーンを挟みつつ、

ヒサシは沙羅に「新しいバンドに参加しないか?」という提案をする。

予想外なことに、そのことに好感触を示した、沙羅。

 

一方、三笠は、那智の言葉に触発されたのか、

音楽の道を諦め家に戻ることにしたのだった。

 

 

≪6.仕事先から戻った、小雪は≫

お土産をもって優のところへ。

優は、小雪に風夏がバンドから抜けて道に迷っている、という話しをする。

 

「むしろ、それで良かったんじゃない?」

「私は優くんと一緒にいたい」という、

小雪は、階下に優の家族がいるにも関わらず、

シャツのボタンを外し、

色仕掛けで優を篭絡しようとするが、優は拒否する。

「こうなることはわかっていた、だから自分の気持ちに正直になって…」という、

小雪は泣きながら帰ってしまう。

 

 

≪7.自室でアルパカストラップを見つけた優は≫

部屋にこもり1人でいそいそと猛烈にアレし始める…

 

優は曲を書いていたのだった。

「もう一度みんなと一緒にやりたい」と、

自分の気持ちがこもったCDをメンバーに渡すも、

すでに違う道を進み始めた彼らは困惑する。

 

風夏のところにも同じように行ってみたが、彼女は居留守を使っていた。

CDだけポストに入れて去った優。

 

 

≪8.メンバーを待つ優≫ 

CDには「今週土曜日の午後3時、いつものファミレスに来て欲しい」

というメッセージが入っていて、当日メンバーを待つ、優。

 

そこに現れたのは、沙羅。

その後、三笠と、那智も現れる。

バンド解散について、後ろ髪を引かれるような思いだった彼らに、

優の想いが通じたようだった。

 

 

≪8.あとは風夏を残すだけになったが…≫

「絶対あきらめない」という、優は風夏の家へ。

 

出てきたのは風夏と瓜二つの母。

「風夏は外出している」という母に「また来ます」という優。

だが、この時、風夏は家の中にいた。

彼女はこの件について複雑な胸中を覗かせ、

優から渡されたCDを握りしめる。

 

 

  

【短評】

やっぱ、小雪ちゃんはすごい。

さすがはトップアーティストになるだけのことはある。

トップに立つまでに絶対色々あったんだよー。間違いない。

かわいい女の子に迫られるなんて、男の子の夢ですよ。

 

今までもしばしばそういうシーン出てきたけど、

目的のためなら手段は選ばない、という彼女の姿勢には、

見習うべきところがあると思った。

 

 

それにしても、優くんは曲を書けたんですね。

さすがやなー。

でも、タイミングが遅いぞ。

 

通常、人は、何か新しい方向に向かって動き出したら、

そっちの方に義理立てて優先してしまうような気がするけど、

よくみんな戻ってきたなー、と。

でも、それがこの回のミソなのかもしれない。

たとえ、他人に迷惑かけても、

自分がやりたいと思うことをやれ!

っていうことでしょうか?

 

まー、人間なんて所詮は短い人生ですからね。

どんな悪事を働いて後ろ指さされても、

大概100年経っても語り継がれることなんて、そうそうない。

自分を犠牲にして他人に義理立てて一体何が残るのか?

「後悔しか残らないよ!」

と、瀬尾先生はおっしゃってるのかもしれません…

 

 

さて、次回、風夏はどういう行動をとるのか?

あれ?どうやら次回最終回みたいですよ!

一体どういう結末を迎えるのか?

ま!まさか、このタイミングで風夏ちゃんが交通事…

そうなったら、

マジで最悪なエンディングだなー…

こうご期待です。

風夏(15) (講談社コミックス)

TVアニメ「風夏」サウンドコレクション

風夏 第1巻 (初回仕様版) Blu-ray

風夏(14) (講談社コミックス)

Climber’s High!(初回限定盤)(DVD付)

【次回(12話)感想】

hyaluckee.hatenablog.com

 

【最近の感想】

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com