読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「けものフレンズ」10話感想。謎の影におびえるフレンズたちだったが、ジツは…

 

どうも、ヒャルキィです。

 

アニメ「けものフレンズ」10話「ろっじ」

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

けものフレンズプロジェクト|公式サイト

kemono-friends.jp/
 
 

 

【前回(9話)の内容】

積雪地帯に行ったサーバルちゃんたちは、うっかり凍死しかけるが、

ギンギツネから謎の物体をもらい生き延びる。セルリアンに追いかけられたりするが、

復活させた温泉に浸かったりして結果オーライ。そして2人はロッジに向かった…

hyaluckee.hatenablog.com

 

【10話の内容】

≪1.ロッジについた、サーバルちゃんたち≫

2人は宿主である

アリツカゲラ(キツツキ目キツツキ科ハシボソキツツキ属)に、

部屋を案内される。

 

幾つか部屋を案内されたが、見晴らしのいい部屋をチョイスした、

サーバルちゃんたちは、荷物を置いてロッジの中を探検する。

 

 

≪2.フレンズたちとの遭遇≫ 

そこで、マンガ家である、 

タイリクオオカミ(ネコ目イヌ科イヌ属)と出会う。

オオカミはフレンズに怖い話をして、

その反応をネタにすることを好んでいた。

怖い話が冗談だと知り、怒ってオオカミの元を去った、サーバルちゃんたち。

 

上に行くと、今度は、

アミメキリン(クジラ偶蹄目キリン科キリン属)に遭遇する。

キリンは推理が得意らしく、サーバルちゃんを品定めし、

「あなたは八木よ!」というも、 

「ぜんぜん違うよ!」と突っ込む、サーバルちゃん。

キリンと会話したが、挙句「ウソをついている」とまで言われ、

憔悴してキリンの元を去った、サーバルちゃんたち。

 

 

≪3.部屋に戻った、サーバルちゃんたち≫

すると、ラッキーさんが喋り始めた。

どうやら、ミライさんはこのロッジに来たことがあるらしい。

 

 

≪4.翌日、ロビーに行ってみると≫

何か事件があったようで話し合う3人に出会う。

アリツカゲラが、正体不明の謎の影を見た、ということで、

それはセルリアンかもしれない、と脅しをかける、オオカミ。

 

現場検証した一行だったが、詳細はわからずじまい。

「そろそろ、私たちはお暇する」という、サーバルちゃんだったが、

そこに雨が降り出した。

 

ラッキーさん曰く「この先は道が不安定だから様子を見た方がいい」

ということだったので、

その助言に従いしばらく逗留することにした、かばんちゃん。

 

 

≪5.かばんちゃんを追跡していたフェネックたちは≫

ギンギツネたちのところに辿り着き温泉に浸かりつつ、

かばんちゃんのことと、お宝のことについて話をする。

 

 

≪6.夜半≫

目を覚ました、かばんちゃんは、サーバルちゃんがいないことに気づき、

部屋を出る。

突如喋り始めた、ラッキーさんに驚く、かばんちゃん。

そこに、サーバルちゃんが戻ってきて2度驚くのだった。

 

 

≪7.次の日≫

今度はキリンが白いモヤモヤした影を見た、と騒いでいた。

「オオカミの仕業なんじゃないのか!」

と語気を荒げる、サーバルちゃん。

さらに、フレンズ型のセルリアンの話をして恐怖を煽る、

オオカミだった。

 

 

≪8.部屋に戻る途中≫

また喋り始めた、ラッキーさん。

かばんちゃんたちは「フレンズは有機物とサンドスター、

セルリアンは無機物から生まれる」

「ミライさんが色々知りすぎてるので宇宙人じゃないのか?」

という情報を入手する。

 

その最中、外から悲鳴がしたので駆けつけた2人。

今度はオオカミが謎の影を見た、と騒いでいた。

「また、オオカミの仕業なんじゃないの?自演乙」といって、

訝る、サーバルちゃんだったが、今度は本当らしい。

結局「この件は明日」ということでお開きになった。

 

 

≪9.翌日、未明≫

雨がやみ今日は出られるだろう、という、かばんちゃん。

サーバルちゃんも眠そうにしながら起きてきたが、

今度は2人の前に現れた謎の影。

慌てふためく2人だったが「とりあえず、形の確認をしよう」

という、かばんちゃん。

その後、怖くなった2人は逃走。

 

 

≪10.その後≫

そのことをみんなに報告した、サーバルちゃんたち。

絶対にオオカミが怪しい、と思っているキリンは、

「オオカミ双子説」というこじつけでオオカミを犯人だと断定するが、

ここで、かばんちゃんが

「犯人わかっちゃったんですけど…」と語り出す。

 

 

≪11.果たして犯人は?≫

そして「犯人は僕です」という、かばんちゃん。

話すより証拠を見せた方が早い、という、かばんちゃんはみんなを案内する。

「みんなが白い影を見た時間、その近くに僕はいて、

ラッキーさんが話していた」という、かばんちゃん。

影はラッキーさんが投射していた映像だったのだ。

 

壁に投射された像をよく見てみると、それは人だった。

そして、それこそが「ミライさん」だと断定。

ミライさんは強いセルリアンと戦っていたようで、

「今週倒せないとなると島から撤退しなければならない」と話していた。

そして、ミライさんと一緒に像が現れたが、

それは、サーバルちゃんと瓜二つの存在だった。

 

サーバルちゃんは「私じゃない、同じ種類のフレンズが生まれる可能性もある」

としながらも、像を見ながら涙を流す。

 

 

≪12.そして≫

ロッジを去った、サーバルちゃんたち。

海に着いた2人は船を発見する。

ラッキーさんによって、船が動くことが分かった。

かばんちゃんは「海の外にヒトを探しに行きたい」という。

その真意を確かめようとする、サーバルちゃんだったが、

そこに謎の振動が起こる…

 

 

≪13.ロッジに到達したフェネックたち≫

火山が噴火したことに驚いて崖から落ちた、新井さんが、

「帽子を持ち去る黒い影を見た!」と力説していた。

「それって、その時生まれたフレンズなんじゃ?」と、

つぶやく、アリツカゲラ。

 

 

 

【短評】

ここに来て謎が深まってきましたねー。

もしかして、意外にも2クール構成?

 

ミライさんと一緒に映っていたのは、サーバルちゃんなのか?

そして、ミライさんは、かばんちゃんの未来の姿なのか?

その場合、わけのわからないことになるが…

 

サーバルちゃんが泣いていたワケは何なんだろうか?

同族を発見したノスタルジー?

それとも、映像のサーバルちゃんはお母さんとか?

 

そして、フレンズと、セルリアンの発生の原因。

セルリアンの修復能力の話とか出てきたけどよくわからん。

 

船を見つけて、ヒトを探す旅に出たい、という、カバンちゃん。

実は、ヒトがいなくなったんじゃなくて、

フレンズ化したことにより、いなくなったように見える、

みたいな話なんじゃないのかなー?

 

さすがに、海に出てしまうと、新井さんは追いつけないですね。 

それとも、泳いで追跡してくるのだろうか? 

一体次回はどうなるんでしょうか?

こうご期待です。

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

【早期購入特典あり】TVアニメ「けものフレンズ」ドラマ&キャラクターソングアルバム「Japari Café」(CD)+TVアニメ「けものフレンズ」オリジナルサウンドトラック(CD)セット(期間限定早期同時購入特典付)

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (2)

ようこそジャパリパークへ(初回限定盤)

けものフレンズ コミックアラカルト ジャパリパーク編 (角川コミックス・エース)

【次回(11話)感想】

hyaluckee.hatenablog.com

 

【最近の感想】

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com