読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「BanG Dream!(バンドリ!)」5話感想。たえもドキドキしてバンドに目覚めちゃった!

アニメ関連 2017冬 バンドリ

 

どうも、ヒャルキィです。

 

アニメ「BanG Dream!(バンドリ!)」

5話「ドキドキしちゃった!」

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト

bang-dream.com/
 
 

 

【前回(4話)の内容】

ギター少女「花園たえ」が現れ、香澄は彼女に夢中になる。たえの出現に、

俄然嫉妬の炎を燃やす有咲と、香澄は一時疎遠になるも、なんだかんだで仲直りする。

香澄はSPACEでライブしたい、という夢を語るが、たえは「ムリ」という…

hyaluckee.hatenablog.com

 

【5話の内容】

≪1.香澄に「ムリ」通告した、たえは≫

香澄を連れてSPACEに行き、この場所にまつわる悲喜交交を話し、

「私もこの場所に立ちたいけど、現状とてもムリ」という。

 

自分より明らかに上手い、たえの言葉を真実味をもって聞いていた、香澄だったが、

「それでもがんばる。がんばってこの場所に立って、

みんなと一緒にキラキラドキドキする!」というと、

「じゃあ、私を震えさせて」と、たえは言った。

 

 

≪2.翌日の昼食時≫

というわけで、

「私たちで演奏して、たえをドキドキさせる」という、香澄に

「そんなことできるわけねーだろ!

第一まだバンドも結成してない」

という、有咲。

 

そこへ、たえが「重要参考人だ」といって現れた。

「たえをドキドキさせられなかったらどうなるの?」ということが焦点だったので、

聞いてみたが、罰則などは特に何もなかった。

ただ「SPACEはそんなに甘くない」といって、

たえは去って行った。

 

 

≪3.その日、SPACEに押しかけていった、香澄たち≫

オーナーがやってきたので「バイトしたい」ということを言うと、

「そんなヒマあるのかい?」と聞かれて、開演前の邪魔、と、外に追い出される。

 

香澄がバイトしたかった理由は、

「SPACEのことを知りたかったから」だった。

そのことについて、りみが知っていたので彼女は話し始めた。

 

オーナーは元々、全国ツアーをするバンドのギターサポートメンバーで、

これまでにあったライブハウスのネガティブイメージを払拭すべく、

30年前にSPACEを始めたという。

 

このことは、姉・ゆりから聞いた、ということで、

「姉も、初ライブはこの箱でやると決めていた」

という、りみ。

 

 

≪4.そのまま、SPACEでライブを見た3人≫

「大変だと思うけど、私はやっぱりここでライブしたい。

だから、たえをドキドキさせるね」という、香澄。

ライブハウスも、音楽室も使えないから、有咲の家の蔵でやることになった。

蔵でやるライブだから「クライブ」とつぶやいた、たえ。

 

 

≪5.早速、蔵に行き何を演るか話しはじめた3人≫

前にSPACEでやったときにキラキラしてた、と言う理由で「きらきら星」がいい、

と言った、香澄だったが「地味」という理由で、有咲から却下される。

そこで、りみが以前録ったデモテープがある、と言って、

「私の心はチョココロネ」という楽曲を2人に聞かせると、

一発採用に。

 

 

≪6.翌朝≫

有咲の家に来た2人。

楽譜を作ってきた、という、りみ。

勉強していて非協力的な態度をとる、有咲だったが見つめられすぎて、

結局やることに…

(も~、ツンデレさんなんだから!)

 

楽譜を読める、有咲に対して、全く読めない、香澄は、たえに応援をたのむ。

蔵にやってきた、たえは簡単に曲を弾きこなし、

「香澄の代わりにギターやらないか?」と、有咲に言われる。

 

 

≪7.その夜、帰宅した、りみは≫

ベースの練習をしていると、姉が帰ってきた。

そして、たえのギターが上手いということを話す。

「ライブは日程は決まっていないが、土曜か、日曜」というと、

「その日空けとく」と言われ、面食らう、りみ。

 

 

≪8.翌昼≫

「姉も見に来ていいか?」ということを切り出した、りみ。

そのことに、俄然食いついた、たえは、

沙綾にも来て欲しい、という。

 

帰宅した、香澄は、妹の明日香にも来てほしい、と言い、彼女は了承する。

 

 

≪9.ライブ当日≫

香澄たちが、有咲の家に行くと、たえ以外はみんな門の前に集まっていた。

沙綾に抱き付いた、香澄だったが、

その時にギターケースの底が破け、

ギターが地面に叩きつけられそうになるも、明日香がキャッチしてセーフ。

明日香と、ゆりは水泳部の先輩後輩関係で面識があるようだった。

 

その後、彼(うさぎ)を連れてやってきた、たえ。

香澄がギターケースの底が抜けた、という話しをすると、

たえも今朝同じ状況になっていたらしく、

有咲から「仲良しだな…」と言われる。

 

 

≪10.そして、ライブが始まった≫

先に会場(地下)に入っていた、ゆりと、明日香が、話をしているときに、

香澄たちがやってきた。

どういうわけか、演者の中に入って行って演奏準備し始めた、たえの姿を見て、

明日香は違和感を感じる。

香澄が「みんながドキドキしてくれたら嬉しい」と挨拶してライブが始まった。

 

思いの外、完成度が高く、ギャラリーから拍手が。

ここで、明日香が「勝負じゃなかったんですか?」という疑問を呈する。

香澄は「だって、一緒に弾いた方がドキドキするから!」

といった。

そして、何か手応えを感じた、たえは3人に抱き付いたのだった。

 

 

 

 

【短評】

この作品、なんか来るんだよなー。

牛込姉妹の会話とか。

あのお姉ちゃんの包み込むような優しさが良い。

お姉ちゃんの才能に嫉妬する仲の悪い姉妹じゃなくてよかった、

と思う、次第であります。

まー、内心はわからないがな!

 

有咲は裏表ないな。たぶん…

香澄と一緒で真っ直ぐすぎる。

 

今回、確実に心境に変化があったのは、たえ。

その気配があったのは、沙綾と、明日香かなー。

沙綾はたぶん「チョココロネ」という言葉にグッと来たんだろうなー。

パン屋だけに…

 

あと、たえがウサギのことを

「カレ」と言っていることに突っ込んじゃいけない。

そりゃー、オスなら彼だろう。

ウサギは性別を見極めるの難しいと言われているが…

そして、つがいにしておくと、

ヤリ過ぎて死ぬらしいぞ!

どうやら、自然界でウサギのオスとメスがコンタクトすることは、

非常に稀有なことで、その瞬間に、ヤリ始めるとのこと。

まさに千載一遇の好機というワケである。

だから、一緒に置いていてはいけない。

気をつけよう気をつけよう…

 

「ドキドキ?」 

今になって改めて気づいたが「ドキドキ」をテーマに描いた、

スポーツ作品があったような、なかったような… 

あは!あはは!ドキドキぐらい誰だってしますよね!

そして、人間は23億回拍動すると死ぬらしいよ!

くわばらくわばら… 

 

そして、次回。

一体どうなるんでしょうか?

何かを作ってしまうらしいが、まさか!あれじゃ?

あと、沙綾の過去が明らかになるっぽい…

こうご期待です。

TVアニメ「BanG Dream!」オリジナル・サウンドトラック(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

BanG Dream! 〔バンドリ! 〕 Vol.1 (4th LIVE武道館公演チケット最速先行販売申込券付) [Blu-ray]

TVアニメ「BanG Dream!」OP主題歌「ときめきエクスペリエンス!」

【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「BanG Dream! 」ED主題歌「キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~」(缶バッジ付)

コミック版 BanG Dream! バンドリ 1 (単行本コミックス)

 

【最近の感想】

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com