読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「BanG Dream!(バンドリ!)」4話感想。たえはすんなり仲間になりそうだが…

アニメ関連 2017冬 バンドリ

 

どうも、ヒャルキィです。

 

アニメ「BanG Dream!(バンドリ!)」

4話「怒っちゃった!」

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト

bang-dream.com/
 
 

 

【前回(3話)の内容】

グリグリが来るまでの時間を必死につなごうとした、香澄の行動に心を動かされた、

りみ。新たなる一歩を踏み出すことができた、りみは、やっぱりバンドをやる、

というのだった。

hyaluckee.hatenablog.com

 

【4話の内容】

≪1.ランダムスターのケースを手に入れてご満悦の、香澄≫

「これで、いちいちギターを有咲の家に置いて帰らなくていい」という、

りみの言葉に不安を覚える、有咲。

 

 

≪2.ギター少女が現れた≫

同じく、ギターを担いで登校してきた、

花園たえ(はなぞのたえ)。

ランダムスターを持っていることから、単刀直入に、

ヘンタイ扱いされた、香澄は、

昼食時に「ヘンタイって何で?」と悩む。

 

 

≪3.家庭科の授業で≫

ギターケースを入れる袋を作っていた、香澄は、

製作が間に合わずに補習になったが、たえも、同じく補習になる。

袋は完成していなかったが、誘惑に勝てずにギターを弾き始める、香澄。

そこに先生がやってきて、課題の完成を要求する。

 

そのうちに、ギターを弾き始めた、たえのところに行き、

一緒にギターを弾き始めた、香澄は、

再び「ランダムスター持ち=ヘンタイ」

と言われ、さらに音がずれてると指摘される。

ギターのことのことも、音のことも何も知らない、香澄は、

たえに1から教えてもらう。

 

 

≪4.帰宅する2人≫

香澄は都電に乗り、たえと一緒に帰るが、その時に、

彼女とギターの馴れ初めの話を聞く。

そのときから、香澄は、たえを「おたえ」と呼ぶようになった。

 

そのころ、有咲は、白いキーボードを入手していた。

 

 

≪5.りみからの情報≫ 

昼食時に、課題の袋が完成しない、と嘆く、香澄。

その代わりに、たえと仲良くなった、と話すと、

りみが、たえがSPACEでバイトしている、という情報をもたらす。

 

 

≪6.香澄の態度が気に食わない、有咲≫ 

放課後、袋を作りながら、SPACEでのバイトのことを聞く、香澄。

それから、香澄は、ギターのことを教えてくれる、たえに夢中になる。

そして、市ヶ谷家の蔵に来なくなった、香澄のことを面白く思わない、

有咲は以前のようにつっけんどんな態度をとるようになった。

 

 

≪7.謝る、香澄≫ 

放課後、ついに、コード弾きで「ぎらきら星」を弾けるようになった、香澄。

その後、有咲のことが気になった、香澄は蔵に行き謝るが、

「契約違反」と言った、有咲は戸を閉めてしまう。

香澄が帰ろうとしたところ、戸を開けた、有咲は、

「デザートをおごる」という条件で、香澄を許す。

 

蔵の中に入った、香澄は、有咲のニューギグを目撃する。

先に来ていた、りみは、有咲が、

利根川(盆栽)を売って、キーボードを入手した、

ということを教える。

 

 

≪8.母屋に行った3人≫

おばあちゃんがご飯を用意していたが、

そこにいたのは、たえだった。

「なんでお前がここにいる?」という、有咲だったが、返ってきた答えは、

「よかったね」だった。

そして、たえと並んでご飯を食べ始める、香澄。

有咲は「香澄が2人いる!!」といって頭を抱えるのだった。

 

 

≪9.食後、都電に乗って帰る、香澄と、たえ≫

その時に、たえは、香澄に文化祭のことを聞くと、

りみと、有咲と3人で出る、という答えが返ってきた。

そして、たえに「一緒にバンドをやらないか?」

と持ち掛けた、香澄。

たえは「今はまだわからないけど将来的にやってもいい」といった。

それを聞き、よかった、といった、香澄は、

文化祭の次は、SPACEのオーディションだよ、

といい、今後のを語るが、それを聞いた、たえは、

「ムリだと思う」と一刀両断するのだった。

 

 

 

【短評】

たしか、1話目からギターを持っていたハズだが、

チューニングの仕方もわかっていなかった、香澄に、

「おーい!今更かよ!」と突っ込んだ人がたくさんいたのではないだろうか?

 

同じギター弾きだけあって、すぐに仲良くなった、香澄と、たえ。

そして、「私の…、私の友達なのにぃ…」と、それに嫉妬する、有咲。

ツンデレの有咲はけっこう束縛がきつそうです。

いや、むしろ、病み…、なのか?

再び、態度が硬化した、有咲だったが、

香澄が好きすぎる、有咲はすぐに許してしまう。

まー、その方が話が早くていいが…

 

それにしても、大事にしていた利根川を売ってまで、

キーボードを入手した、有咲の行動は意外だった。

粘着質と見せかけて、意外とサバサバしている性格なのかもしれない。

 

ついに「きらきら星」を弾けるようになった、香澄。 

一体、いつになったらまともに演奏出来るようになるんだ?

と思っていたが、ついに、光明が見えてきましたね。

 

そして、意外にもあっさり、バンドに入ってもいい、という、たえ。

とりあえず、これでリーチがかかった。

 

たえに、オーディションで合格するのはムリ、と言われて、

香澄はショックを受けたのかどうかはわからなかったが、

常識的に考えて、たしかに、オーディションに合格するのは難しそうですね。

 

知り合いも、江古田の何とかっていう、

ライブハウスのオーディション受けて通ってはいたが、

ある程度のレベルにならないと…

 

香澄たちの現状からすると、

明らかに、客から金をとって演奏できるレベルじゃないし。

というか、その前に、「この作品の目的はライブハウスで演奏する」ってことなのか?

がんばってもらいたいものです。

BanG Dream! 〔バンドリ! 〕 Vol.1 (4th LIVE武道館公演チケット最速先行販売申込券付) [Blu-ray]

TVアニメ「BanG Dream!」オリジナル・サウンドトラック(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

ヴァイスシュヴァルツ トライアルデッキ+(プラス) BanG Dream!

コミック版 BanG Dream! バンドリ 1 (単行本コミックス)

 

【最近の感想】

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com