ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「BanG Dream!(バンドリ!)」1話感想。ポスト「けいおん!」になれるのか?初回の動向は?

 

どうも、ヒャルキィです。

 

アニメ「BanG Dream!(バンドリ!)」

1話「出会っちゃった!」

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト

bang-dream.com/
 

 

【視聴前の印象】

けっこう前から知ってました。CMなんかでもすげーやってたし。

印象的に「また、ブシロードが「ミルキィ方式」で、

力業で火点けようとしてんな…」とは思っていたが…

先週放送された放送前特番を見てみたところ、演奏シーンの動きが思いの外すごい。

たいして内容には踏み込んでいないのに「うっ…」てなって、

これは見よう、という流れに。

エレガの曲はそれほど好きっていうほどではないが…

 

 

【1話の内容】

≪1.導入≫

入学式当日でワクワクしてと朝早く目が覚めた、

本作の主人公・戸山香澄(とやまかすみ)は、

妹・明日香(あすか)をムリヤリ起こすも、

妹は中等部だったので、在校生の始業式は明日だといわれる、香澄。

 

 

≪2.登校した、香澄≫

早稲田某所にある、花咲川女子学園。

登校してきた、香澄は掲示板を見て自分のクラスを探す。

そこで、同じクラス(A組)の山吹沙綾(やまぶきさあや)と知り合う。

家がパン屋だという、沙織は、香澄にアメちゃんをあげる。

そこで世間話をした2人。香澄は早速、沙綾を友達認定する。

 

 

≪3.入学式に参加した、香澄≫

1年生総代の、市ヶ谷有咲(いちがやありさ)は欠席していた。

クラスに戻り、市ヶ谷のことを聞いた、香澄は、

彼女はあまり学校には来ないが、常に学年トップであると知る。

 

 

≪4.担任教師がやってきて≫

自己紹介するクラスメイトたち。

(どうやら、キャラの名前は新宿の地名らしい。覚えやすくていい)

 

自分の自己紹介の時に、本学に入学してきた動機を熱く語り、

さらに、子供のころに星の鼓動(ホシノコドウ)を聞いたことがある、

その時のようにキラキラドキドキしたい、という話をした、香澄。

その言葉に、ポカンとし、静まり返る教室。

 

 

≪5.体験入部に参加する、香澄≫

その後、なんか変なことを言ったかな?と、沙綾に聞く、香澄。

私は良かったと思う、という、沙綾に体験入部に一緒に参加しよう、と誘うが、

家の手伝いがあるから、と断られる。

香澄は、部活の体験入部に参加するが、どの部活にするか決めかねる。

 

こうなったら、妹と一緒の水泳部に入る、というが、

高校受験するからもうやめる、という、明日香。

 

部活のことを考えていて長湯してのぼせた、香澄は、妹に介抱され、

その時に、子供のころ一緒にホシノコドウを見た、

という話しをする。

 

 

≪6.未だ部活は決まらず≫

それなりに面白おかしく高校生活を送っていた、香澄。

沙綾が仕事しているところを偶然発見した、香澄は、

店に入り、沙織に話しかける。

パン屋のバイトのことを聞くと、けっこう厳しい、ということを知り、

二の足を踏む。

 

 

≪7.道に落ちていた星を拾う、香澄≫

次々に星を拾っていくと、流星堂という質屋に辿り着いた。

中に入って行ったが誰もいない建物。

 

香澄の様子を見ていた、店の少女は、香澄を盗人だと思い捕まえようとする。

そこは質屋の蔵だったのだ。

問答しているうちに、星が描かれたギターを見つけた、香澄。

展開上、ギターを弾かせてもらうことになった、香澄。

 

ここで弾くな、弾きたいならライブハウスとかに行け、

と少女に言われて、ライブハウスに行くことにした、香澄。

そのまま、店のギターを持ち出したので、

香澄についていくことになった、少女。

 

 

≪8.ライブハウスを見つけて入った2人≫

店員に言われ、ここは練習場所ではない、ということを理解した2人。

女主人に「ライブを見ていくかい?」と聞かれた2人。

「見たい!」といった、香澄の言葉で2人はライブを見ていくことに…

 

ライブハウスSPACEは、

ガールズバンドの聖地、と言われている店だった。

そして、「グリッターグリーン」というバンドが登場してきた。

その姿を見て「カワイイ!」と思う、香澄。

 

そのころ、店の前では、沙綾が、店に入ることを躊躇していたが、

そのまま帰って行った。

 

グリッターグリーンのパフォーマンスを見て圧倒された、香澄は、

「すごい!これだ!」と思う。

 

 

 

 

 

 

 

【短評】

初回を見た感じでは、おもしろくなるのかどうかはわからない、

という印象だったが、

これは長い話になりそうだ、ということは感じた。

 

香澄は楽器に関しては全くの素人っぽい。

伏線(?)はたくさん張っていた。

まず気になるのは、沙綾の伏線。 

どこかのバンドと関係があるようだが、どういう流れになるのか?

そして、バンド活動にどういう印象を持っているのか?

 

あと、他のメンバーについて。

有咲とか、りみとか諸々、仲間になるまでけっこう時間がかかりそう。

他に、たぶん本作の重要ワードになると思われる「ホシノコドウ」

続きを見ないと、まったくわからない。

 

正直「けいおん!」ほどのインパクトは感じられなかった(「けいおん!」は

ホントに信じられないぐらいに素晴らしかったし衝撃も桁外れ、

これを作った人は天才、と思うぐらいに同時期の作品と比べても抜きんでていた)が、

そもそも「けいおん!」と並べるのは筋違いなのかもしれない。

だからと言って、切り捨てるのはまだ早い。

今後どうなるのか、こうご期待です。

バンドリ! 「走り始めたばかりのキミに/ティアドロップス」(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

バンドリ!「Yes! BanG Dream!」(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

バンドリ! 「STAR BEAT! 〜ホシノコドウ〜」(生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

コミック版 BanG Dream! バンドリ 1 (単行本コミックス)

【次回(2話)感想】

hyaluckee.hatenablog.com

 

【最近の感想】

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com