読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「リトルウィッチアカデミア」1話感想。困難の連続、カガリは始業式に間に合うのか?

 

どうも。ヒャルキィです。

 

アニメ「リトルウィッチアカデミア」

1話「新たなるはじまり」

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

TVアニメ『リトルウィッチアカデミア』公式サイト

tv.littlewitchacademia.jp/
 
 

 

【視聴前の印象】

全く知りませんでした。

てゆーか、○○ウィッチとか、ウィッチ~、

ってゆー作品が多すぎて、ワケが分からなくなる…

と思っていたのだが…

 

 

【1話の内容】

≪1.導入≫

幼いころに見た、シャイニィシャリオの魔法ショーに、

憧れ続けた結果、彼女が学んだ聖地にやってきた、

本作の主人公である、アツコ・カガリ。

 

ルーナノヴァ(魔法学校)行きの、バス停留所を探すが、

町の人たちはその存在を誰も知らなかった。

 

途方に暮れていた、アツコだったが、遠景から、

山の上にパンフレットに載っている建物と同じものがあることを発見して走る。

 

 

≪2.魔女らしき少女に遭遇≫ 

その際に、根暗そうな少女に激突するが、彼女もまた、

ルーナノヴァの新入生であることを知り、

自分のことをベラベラ喋る、アツコ。

(この時点で、魔法学校への入学が決まっていたことが判明する)

 

アツコが鬱陶しいので、人形に傀儡魔法をかけたり、

蛇の幻術を見せたりして、アツコを川に落とした、

少女は1人で行ってしまった。

 

 

≪3.ターミナルまで登ってきた、アツコ≫

新入生の1人が、魔女家系ではない者だ、

学校が経営難だからって一般人を入れすぎだ、

という噂をしている3人の女生徒と遭遇する。

 

早くバスが来るといいね、という、アツコに、

箒に乗らないと、

ルーナノヴァに行けない、ということを教えた3人は、

始業の儀式に遅れたら魔法界から永久追放になる、

と言いながら行ってしまった。

そのことを知り、青ざめる、アツコ。

 

 

≪4.そこに現れたのは、メガネの少女≫

急がないと遅刻するよ、という少女に、箒が無いし乗れない、という、アツコ。

捨て犬のような顔をしている、アツコを見かねて、一緒に乗る?

と聞いてきた少女の言葉に、キタコレー!!

とばかりに同乗させてもらうことにした、アツコ。

そこで、少女の名前が、ロッテ・ヤンソンであることが分かる。

 

 

≪5.レイラインへ≫

飛翔し、ルーナノヴァへの道を開いた、ロッテは、

レイラインに突入したが、なかなか飛行が安定しない。

塩分を持っていると飛行が安定しない、といって、

アツコが持っていた梅干を捨てさせようとしたが、

その時に、アツコの宝物である、シャイニィシャリオのカードが、

飛ばされてしまう。

 

そのことでジタバタしバランスを崩した、アッコたちは箒から落下。

さらに、その後ろを飛んでいた、根暗少女も巻き添えにして、

3人はレイラインから落ちてしまったのだった。

 

 

≪6.そのことを知った、アーシュラ先生≫ 

使い魔のアルコルからの知らせで、

生徒たちが、アルクトゥルスの森に落ちたことを知った、

アーシュラ先生は救援に向かう。

 

 

≪7.森に落ちた3人≫ 

アルクトゥルスの森に落ちた3人に別状はなかったが、

その時の衝撃で、ロッテの箒は折れていた。

同時に、アツコは、シャリオのカードを回収する。

この森に入った以上、一生出られないかもしれない、と危惧していたが、

その後、人食い植物であるマンドレイクに追いかけられる3人。

 

 

≪8.今度はコカトリスが…≫ 

なんとか、マンドレイクの追跡を振り切った3人だったが、

今度は、根暗少女が、アツコたちをカゴの中に閉じ込め、

クチュルカテラフラーラ、と唱えさせたことから、

巨大なコカトリスが現れた。

さっきの言葉は、コカトリスを誘き出す常套句だったのだ。

 

コカトリスの羽は猛毒を持つことから、毒物コレクターの根暗少女には、

垂涎の品だったらしい。

生贄にされたことを知った、アツコたちはカゴに入ったまま、

回転して逃げるが、その時に、コカトリスの吐息で石になるから注意しろ、

という、アドバイスを受ける。

 

コカトリスの羽を引き抜いたことにより、コカトリスの注意は根暗少女に向かった。

その間に、カゴから出ることが出来た、アツコたちだったが、

ロッテが足を負傷する。

 

 

≪9.私は諦めない≫

あくまでも、始業式に間に合うことにこだわる、アツコは、

もう間に合わないよ、という、ロッテを担いで、

私は絶対に諦めない、と言って歩き始める。

そこに、現れたのは、シャリオの杖。

 

杖を引き抜いた、アツコは一計を案じ、

根暗少女を狙っていたコカトリスを引き付ける。

マンドレイクがいるところまで誘導した、アツコは、

まんまと、コカトリスを拘束することに成功した。

 

 

≪10.根暗少女の箒に乗って脱出を図る3人。

その時に、少女の名前が、

スーシィ・マンババランであることが判明する。

ところが、事はうまく運ばなかった。

マンドレイクの拘束を解いた、コカトリスが再び襲ってきたのだ。

コカトリスは今度は火を吐いてきた。

その火が箒を燃やし、落下していく3人。

 

 

≪11.救援にやってきた、アーシュラ先生は≫

アツコが手にしている杖が、シャイニィロッドであることに気づき、

呪文を唱えさせる。

呪文によって、杖は弓へと変化した。

そのまま、手にしていた矢を放つ、アツコ。

矢は地面を貫き次元を切り裂き、3人は再びレイラインへ。

 

 

≪12.そのころ、学校では≫

始業の儀式が始まろうとした。

そこへ、次元を切り裂き現れた3人。

儀式に間に合った!と喜ぶ、アツコ。

 

 

≪13.その夜≫

前代未聞の始業式にしてしまったことで、

たっぷり絞られた様子の、アツコは、先生に連れられて、

寮にある自分の部屋にやってきた。

 

そこにいたのは、ロッテと、スーシィだった。

今日から3年間、

あなたたち3人には特別に厳しい指導を与えることになるでしょう、

といって、去って行った、先生。

 

そして、アツコは2人に自己紹介をする。

 

 

 

 

 

【短評】

これは、おもしろい。

そして、めっちゃテンポいいですね。

見てる方も気持ちがいい。

地味だけど味があるキャラクターといい、輝きの表現といい、

これトリガー作品じゃね?と思ったら、やっぱりトリガー…

これは、冬アニの中でも、一線を画する存在になることは間違いない、

とすぐに予感した。

 

それにしたって、経営難で一般からも生徒募ってるといってるのに、

箒がないと学校に行けないなんて、無理ゲーじゃね?

しかも、間に合わないと、魔法界から永久追放のおまけつき。

 

どうして、アーシュラ先生が3人を助けたのかもよくわからん。

しかも、学校の先生の中でたった1人だけ、3人の危機を知り助けに行った。

ここから、レイラインを通ることは至極当然のことで、

監視の必要もない、ということが分かる。

 

もしくは、ものすごい放任。

落っこちても自分で何とかしろ的な、

そこで、何かが起きても我々は関知しません、という。

まー、魔女の学校ということは情理を越えた存在。

一般の常識で測ることが間違っていて、

本来、そういうのが当然なのかもしれない。

 

 

そうそう。

カガリって、ウイクラに出てきた、火々里さんとは、

関係があるのだろうか。

もしくは、有名な魔法使いの名前が、カガリ?

やっぱり、同名ですごく有名な人物といえば、

カガリ・ユラ・アスハだが、魔法使いじゃないしねぇ。

あえて、カガリ、という名前にしているんだとしたら気になる。

 

あと、何だろうなー?

特にこれと言ってないけど、

続きが気になる作品だということは言える。

こうご期待です。

 

リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード Blu-ray豪華版

リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス)

Shiny Ray(アニメ盤) TVアニメ『リトルウィッチアカデミア』 オープニングテーマ

TVアニメ「リトルウィッチアカデミア」VOL.1 Blu-ray (初回生産限定版)

 

【次回(2話)内容】

hyaluckee.hatenablog.com

 

 

【2017年(冬)新番組感想】

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com