読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「うらら迷路帖」1話感想。なんか占いがテーマの作品のようです…

 

どうも。ヒャルキィです。

 

アニメ「うらら迷路帖」1話「少女と占い、時々おなか」

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

 

 

 

【視聴前の印象】

全くもって予備知識ゼロ。

どうやら、冬コミで告知の年賀状が配られていたらしいが、

さっき知りました…

 

 

【1話の内容】

≪1.導入≫

舞台:「うらら」という不思議な力を使う占い師の都「迷路町」

   (ファンタジーのようです…)

目的:15歳になった少女たちは、迷路町に「うらら」の修行のためにやってくる

 

本作の主人公・千矢(ちや)も「迷路町」にやってきたが、

動物に好かれる特異体質で、動物たちが勝手に持ってきた店の商品のために、

盗人の濡れ衣を着せられる。

 

とりあえず謝っとけと、腹を出して謝罪の意を示す、千矢。

(たぶん、動物が腹を出す、ということに服従の意志がある、

ということに関連しての行動のようだが…)

 

そこへ、警邏隊の、佐久(さく)がやってきて、

千矢が半裸でハレンチな格好をしている、

ということで謝罪の意志は伝わらず、結局、逃げることになった、千矢。

 

 

≪2.少女たちと遭遇≫ 

逃げる途中で、紺(こん)という少女に激突し、ここでも、

腹を見せて謝罪の意志を示す、千矢。

そこで、話をすると互いに15歳であることが分かった2人。

 

そこに、もう1人の少女、小梅(こうめ)がやってきた。

小梅がもっていた「棗屋」の紹介状を見て、

私も同じの持ってる、と紙を出した、紺と、千矢。

3人とも「うらら」の見習いであることが分かる。

 

だが、「うらら」のことを知らなかった、千矢。

うららは、迷える人の道を指し示す占い師で少女たちの憧れ、

あんたはここに何をしに来たの?と言われ、やはり腹を出して謝る、千矢。

 

捨て犬のような顔をして謝る、千矢を見て、言い過ぎたと、謝る2人だったが、

謝るときは腹を出せと、そのことを強要される。

 

 

≪3.そこに、佐久がやってきて3人を取り締まる≫

その結果、迷路町の風紀を乱す奴は追放する、

という沙汰が出た。

 

その判決にショックを受ける3人だったが、

そこに、佐久と旧知の、ニナ(棗屋の主人)が現れ、

そのとりなしで事なきをえたのだった。

 

 

 ≪4.棗屋に連れていかれた3人≫

3人その出自を確認されるが、

千矢は人里離れた山の中からやってきたようだった。

その目的を聞かれた、千矢は、母に会いに来た、といい、

母がいるこの町にどんな出会いがあり、どんな運命が待っているのか、

ということを子供のころから楽しみにしていたという。

 

それをきき、それはあなたたち次第よ、

これから4人で力を合わせてがんばって、という、ニナ。

4人目というのは、ニナの妹・ノノだった。

ニナの登場時からすでにいた、という、ノノに、

どれだけ人見知りなのよ!と突っ込む、小梅。

 

 

≪5.ニナの占い≫ 

その後、ドタバタがあったが、野生児のため1人だけ元気な、千矢。

千矢は、ニナにお茶菓子を振る舞われて、

こんなの食べたことない、と、大喜びするが、

他3人は面白がって、自分の菓子を、千矢にあげたのだった。

 

そして、ニナの本領である「茶葉占い」を受けることになった、千矢。

占いの本旨を理解せず、腹がタプタプになるまで、茶を飲みまくるが、

今日の運勢は、

ビックリするような出会いがある日、と知り喜ぶ。

 

ニナは、うららの占いは多種多様なものがあり、

それを通じて神の意志を伝えるものである、

みんなも自分に合った占いを見つけないとね、といい、

各人に「十番札」を渡したのだった。

 

 

≪6.野原に出かけた4人≫

当然、十番札の意味を知らない、千矢は、

物知り博士である、紺に、その意味を聞く。

1.うららには、一から十まで位があり、位は昇級試験で上がっていく。

2.依頼を受けられるのは、七以上。

3.それ以下は、茶屋で修業を積まなければならない。

ということを教えるのだった。

 

 

≪7.どんな占いがいいのか?という、千矢≫

私はコックリという、紺。

得意というわけではないが、子供のころから通じ合っている人形、という、ノノ。

そして、タロットを出してきた、小梅。

 

私だけ決まっていない、という、千矢は、紺のコックリを使って、

占うことを希望する。

そこで、紺がキツネじゃないかという疑惑がでて、それを否定する、紺。

なんだかんだあって、4人でコックリをし、

導き出された答えは「くろう」だった。

 

私、占い変えようかな、という、ノノだったが、

その目の前にあったのは、だんごや、みたらしなど和菓子を使った占い。

食い気に逸る4人は茶屋を見て垂涎する。

 

 

≪8.茶屋の中を見ると、佐久と部下2人がお茶をしていた≫

悪寒がする、という、佐久の言葉を聞き、

彼女にぞっこんの部下2人は、風邪をうつしてくれと盛り上がっていた。

その光景を見て、絶句する4人。

 

 

 

 

 

【短評】

さーて、

初回というのは大体こんなもんですよ…

それに、きらら作品…

 

基本、ファンタジーに突っ込んじゃいけない、

とは思いつつも、何だろうなー、何だろうなー。

どうすればいいの?

 

まー、特にいうことないですよ。 

たぶん、千矢がお腹出すところあたりが、

面白かったんだとは思うが…

 

そう!答えは各人の心の中にある!

結局、世の中楽しんだ者の勝ちなのである。

そうそう。深く考えちゃいけない、深く考えちゃいけない…

 

まー、とりあえず、何話か見ないと分からない、という話ですよ。

秩序になれて来れば面白くなってくるのかもしれないし。

今後の展開に、こうご期待です。 

伊藤園 1日分の野菜 (紙パック) 200ml×24本

コカ・コーラ ゼロ 500ml ペットボトル×24本

うらら迷路帖 4巻 (まんがタイムKRコミックス)

【早期購入特典あり】夢路らびりんす TVアニメ「うらら迷路帖」オープニングテーマ<初回限定盤>(オープニングテーマ&エンディングテーマ連動購入特典:「原作・はりかも先生イラスト使用 CD2枚収納BOX」引換シリアルコード付)

 

 

【次回(2話)内容】

hyaluckee.hatenablog.com

 

 

【2017年(冬)新番組感想】

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com

hyaluckee.hatenablog.com