読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

アニメ「ろんぐらいだぁす!」10話感想。出た!伝家の宝刀「アクタスのガルパン方式」続きは2月らしいよ!

アニメ関連 2016秋

 

どうも。ヒャルキィです。

 

アニメ「ろんぐらいだぁす!」

10話「あづみのオータムライド!後編」

この内容は完全にネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」公式サイト

anime-longriders.com/
 

 

 

【10話の内容】

≪1.暢気に休憩してる場合じゃない≫

休憩中に、

制限時間を超えると「足切り」されることを知り動揺する、亜美。

心配しなくてもまだ何とかなる、という、雛子。

全員で、亜美を引っぱるからついてこい、

といって再スタートした5人。

 

≪2.驚嘆。スリップストリームの威力≫

40km/h前後という、自分1人では絶対に出ないスピードが、

出ていることに興奮する、亜美。

説明を受けて、それはスリップストリーム

応用したものであることを理解する。

 

まるで翼が生えたような感覚で、

このペースで行けばゴールできるかもしれない、

と思っていたが、最後に待ち構えていたのは、上り坂。

「上り坂では引いてあげることができない」「あとは気合と根性で乗り切れ」

と言われる、亜美。

 

≪3.ここからが正念場≫ 

そのあたりから、天気も悪くなり風も吹いてきて、スピードは全然あがらない。

このままだと、私の巻き添えを食って全員間に合わなくなる、

と思った、亜美は、

他のメンバーに先に行くことを提案する。

 

しかし、お前はフレッシュに出るんだろ?と、雛子に言われた、亜美。

フレッシュはチーム走だから、

お前が諦めたらそこで終わりになる、

間に合わなくても一緒に走ることに意味があると思わない?

私たちはチームなんだから一緒に走ってゴールしよう、と言われ、

気持ちを新たにした、亜美は死力を尽くしペダルをこぐ。

 

≪4.ついにゴールへ≫

もう限界だ、と思っていたところにゴールが見えてきた。

なんとか制限時間内にゴールできた5人。

160kmを完走できたことを喜ぶ、亜美。

 

完走者のインタビューを受けた、亜美は、私1人じゃ完走できなかった、

みんなのおかげです、といい、5人は喜びたたえ合った。

 

その後、宿に移動し完走を祝うが、食事中に寝落ちしてしまった、亜美。

他のメンバーは、お疲れ、と、亜美を労う。

 

≪5.帰宅した、亜美≫

全身筋肉痛で帰宅した、亜美は、妹・恵美に、

160km完走したことを報告する。

その途中で友達から呼び出しがかかった、恵美は外出する。

 

≪6.外出した、恵美だったが≫

街中でロードレーサーで走る人を見て、

何もないところで転ぶ、姉が、あんな風に走ってたのかな?と思っていると、

自分の自転車に異変。パンクしていることに気づく。

 

≪7.パンクを直す、亜美≫

洗濯をしながら、完走の余韻に浸る、亜美。

外を見ると、どういうわけか帰ってきた、恵美が…

事情を聞いた、亜美は、教えてもらったからできると思う、

といい、パンクを直し始めた。

 

その時、亜美に、自転車って大変じゃない?と聞く、恵美。

出来ないことができるようになると嬉しい、

めんどくさいし大変だけど、

そこがまた楽しいんだよね、いう、亜美。

前だったら絶対こんなことやろうとしなかったのに、お姉ちゃん変わったよね、

という、恵美。

 

そうこうしているうちに、修理は完了した。

乗り心地を確かめてた、恵美は、

おねえちゃん、ありがとうね、

といって再び外出していった。

 

 

 

【短評】

160kmっていったら、けっこうすごい距離ですよ。

自分もチャリンコ乗るけど、ロードレーサーは、

姿勢も前傾になるから、通常生活しているよりも明らかに負担がかかる。

よって、乗り方とか気を付けてないとすぐ腰に来るから、

訓練しなければならない。

 

自分的にはだいたい千葉から秋葉ぐらいまでの往復50kmぐらいでお腹一杯なんで、

それだけの距離をよく乗るなー、と思う次第です。

距離が長くなるとそれだけ疲労も大きくなる。

 

ぶっちゃけ、

「みんなで完走できることに意味がある、と思わない?」

という言葉には、ホントか~?と思わざるを得ない。

女子は、精神年齢が男より高いというが、この物語の設定は20前後ぐらいでしょ。

果たして、それぐらいの年齢の子が、そんな達観したことを思えるのか?

うーん、わからないねぇ…

ここら辺は、突っ込むところじゃないかもしれないが、

死ぬまでに、そういう境地に至ってみたいものです。

器?器の問題なのか?じゃあ、ムリです…

 

基本、自分は自分勝手ちゃんだからチームプレイとか無理やで~、

とか、思ってしまう。

たぶん、同じチームメイトに、亜美みたいなのがいたら、

口には出さないが「あぁ~」と思ってしまっていただろう。

逆に、自分が、亜美のような立場に立つのも嫌だから、集団行動を嫌う。

そこらへんはすごいなー、と思う。

 

亜美の妹ちゃんが言っていたけど、

なにか、熱中できるものがあって変われる、というのはステキだな、とは思う。

出来ないことが出来るようになる、という快感は確かにある。

自分もチャリンコいじるからわかるけど、

たしかにパーツの交換とか超めんどくさいし、

自力で直す時の、部品がうまく合わないとかのリスク(これは恐怖です…)

はあるが、出来た時の達成感は非常に高い。

 

 

えーと、続きは、2017年2月ごろを予定しています…、だそうです。

これは世にいう、

「アクタスのガルパン方式」

っていうやつですか?

ガルパンはアニメ版最終話がめちゃくちゃ面白かったから、

この作品も、

すんげー面白くなっちゃんだろうなー、と、思います。

 

詳細は、HPに掲載される、ということなので、

TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」公式サイト

anime-longriders.com/
 

  

を、チェック!