読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

「ベルセルク」12話(最終回)感想。来年2期放送決定かよ…

 

どうも。ヒャルキィです。

 

「ベルセルク」12話(最終回)「すがるもの、もがくもの」 

この内容はネタバレです。未見の方は注意してください。

なお、セリフ等はざっくりです。

 

アニメ「ベルセルク」公式サイト

www.berserk-anime.com/
 

 

前回は、モズグスさんとの戦いに勝利をつかんだものの、地中から湧き出てきた、

泥のような魔物に飲み込まれそうになる、ガッツたち、

というところで終わっていましたが、今回は…。

hyaluckee.hatenablog.com

 

 

【12話の内容】

≪ファルネーゼの心情≫

泥のような魔物に対する、ガッツの姿を見て、

「なぜ、ここまで絶望的な状況にも関わらず、 

生き抜くことを口にできるのか?

なぜ、この男の言葉は、これほどまでに力強く私に響くのか?」

と思う、ファルネーゼ…。 

(これはまさか、恋…?)

 

 

≪塔の下層に落下した、ニーナは…≫

足を怪我していたようだった。

付近に落ちていた棒を拾い、それを杖に逃げようとするも、

足に激痛が走り、 倒れてしまう。

(折れたのかな~?)

 

誰かいませんか?と、助けを求める、ニーナ。

耳を澄ませると、喚声が聞こえてきた。

そして、現れたのは、逃げ惑う人々。

このままだと踏みつぶされてしまう、と思い、身を丸めた、ニーナ。

 

人々が去った後に聞こえたのは、

「危ない、危ない。まるで牛の暴走だね」という、声。

その、声の主は、ルカだった。

 

 

≪ルカと再会するも≫

遅くなっちまったね、あんた、大丈夫かい?という、

ルカは下から様子を見ていたようで、エレーン(キャスカ)たちも無事だ、

ということを把握していた。

ルカに抱きつく、ニーナ。

そこへ、泥の魔物が扉を破って来た。

 

かろうじて立つことはできるが、足が痛くて走れない、という、ニーナ。

辺りを見回して、ルカが見つけた物は「樽(タル)」だった。

 

樽の中にニーナに入れてフタをしようとする、ルカ。

ルカ姉も一緒じゃなきゃヤだ、という、ニーナを、

この樽に2人はムリだ、第一誰がフタを閉めるんだい?と、説得して、

フタを閉める、ルカだった。

 

そして、迫って来た、泥の魔物。

 

 

≪一方ガッツたちは≫

炎をかざして、魔物たちを迎え撃つ態勢が整った、ガッツたち。

 

あの日以来、ずっと夜をさまよっていると思っていたが、

ここは日が昇る世界であることを忘れていた。

それだけであの時よりは随分と分がいい、と思う、ガッツ。

 

いくら燃やしても、きりがねぇ!という、イシドロ。

そこで、パックが奥義「爆炎ファイアーパックリバル(? よく聞き取れんかった)」 

を繰り出したが、どういうわけかそれは、イシドロの後頭部に直撃。

絶叫するイシドロに、「それが何か?」といった面持ちの、パック。

 

 

≪泥の魔物の本質≫ 

パックによれば、

この泥の魔物の正体は、疫病や拷問でこの地で死んだ者の怨念らしい。

しかも、飲み込んだ人間の念も吸収して、どんどん増殖していて、

救いを求める心と恨みでいっぱいだという。

 

恨みがあるっていうんでこんなになるんじゃ、世の中とっくに痰壺に沈んでる、

なんで、アルビオンにだけ異常発生するんだよ?という、イシドロ。

 

それは…、といって、ガッツたちの烙印を見る、パック。

 

こんなことは有りえない、あってはならないことだ、

あの時と同じ、まるで悪夢のようだ。これは現実なのか?と思う、ファルネーちゃん。

 

迫って来た、魔物に、炸裂弾を投げた、ガッツ。

そして、ファルネーゼに、

「死にたくなければ、

てめぇも、ちったぁ手ぇ動かせ!」という。

 

圧倒的な絶望に立ち向かう、ガッツ。 

 

セルピコに促され退避させられた、ファルネーゼは、

「神よ」と、祈ろうとするが、ガッツに、

「祈るな!祈れば手がふさがる、

てめぇの持ってるそれは何だ?」と言われ、

炎を魔物に向ける、ファルネーゼ。

 

 

≪樽の中のニーナは≫

樽ごと、魔物の流れの中に巻き込まれていた。

「もうだめだ、絶対死ぬ、ここから出して!」と思っていると、

血を吐いてしまうのだった。

「まだわかんないじゃない、怖いって思えば思うほど、生きてるって感じる、

血を吐けば吐くほど、自分の血が温かい、ってわかる。

そして、怖い、って、生きたい、ってことなんだ」

と悟る、ニーナ。

 

 

≪異変≫

泥の魔物がさらなる胎動を始めた。

 

烙印が痛むのか苦しむ、キャスカ。

錯乱し騒ぎ始める、キャスカを抱きしめる、ガッツ。

 

闇の奔流を感じ取った、パックは、

すごい。生きてる者、死んでる者、

ここにあるすべての魂が1つの物を求め、泣いている。

 

「今、私の世界のすべてが想いを1つに。

すべてが私の生み出す世界を求めて泣いている。

すべてが1つの声に満たされていく…」

と言い、血の涙を流す、卵。

 

「歌ってる?」

そして、ベヘリットがその声に共鳴している、ということに気づく、パック。

その直後に、ガッツの烙印に激痛が。

思わず膝をつく、ガッツ。

(ガッツが膝をつくなんて最上級です)

 

「ああ。光があふれる…」

そして、卵の頭頂部に亀裂が。

 

 

グリフィス!!

と叫んで天を仰ぐ、ガッツ。

 

 

「火の柱の立つ、

盲目の羊たちの集いし聖地に、

天落ちるとき、それは来たる」と、シールケ。

(とても幼女とは思えない声。リアルすぎる…)

 

 

 

≪そして、夜が明けた…≫

塔もバケモノも、一夜にして消えちまった、

夢でも見てたんじゃなかろうか、という、ジェローム。

(何がどうなったのか、ようわからんぞ…)

 

樽から出てきた、ニーナは、生きてることを実感する。

生きてたのか?といって、ニーナのところにやって来た、

イシドロに、ルカ姉を探して、とたのむ、ニーナ。

事のあらましを、ジェロームたちに話し、ルカを探し始めた一同。

 

「だが、この瓦礫の中からどうやって…」と、途方に暮れかけた矢先、

どこかから、助けを求める声が。

ルカは、井戸の中に入っていて無事だったのだ。

ルカに抱きつき、その無事を泣いて喜ぶ、ニーナ。

 

その余韻に浸る間もなく、周囲から数本の矢が放たれたのだった。

 

 

 

≪一難去って…≫

それは、クシャーンだった。

辺りを取り囲むのは、ざっと数えて、20~30はいそうだ。

 

「神託のとおり、この地で異変は起きたし、ヤツらも現れた。

我らが求めし者も、あの中にいるはずだ」という、シラット。

 

冗談じゃねぇ、ここまで来たら、生き残んなきゃ、詐欺だぜ詐欺、

という、イシドロ。

 

こいつらを全員捕らえろ、

だが、ガッツに関しては手加減無用、

といって、攻撃命令を出した、シラット。

 

思いの外、強いガッツたちに手を焼いたのか、

女たちを人質にとろうとする、クシャーン兵。

だが、そのクシャーンの頭は何者かに砕かれた。

 

「婦女子を人質にとるとはやはり、蛮族。

異教徒共我らが聖地で何をしておるかー!」と言って、

そこに現れたのは、アザンだった。

 

アザンの生還に、驚きを隠せない、ファルネーゼ。

しぶといですねぇ、と、セルピコが漏らすほどしぶとい。 

 

今は、話している場合などではない、という、アザンは戦闘態勢に入る。

そして、ガッツと共闘関係になっていることに訝しさを、口に出す。

 

 

 

≪次は何?≫

「来るぞ!」と、ガッツが叫んだ直後に、

今度は地震が起こった。

 地中から出てきたのは、ゾッド。

なぜ、ヤツがここに…?と思う、ガッツ。

 

「もう私は、何が起こっても驚かないよ」という、ルカ。

 

そして、どこかに向かって、進み始めた、ゾッド。

 

その光景に見とれる、アザンだったが、

「感心してる場合じゃないですよ、逃げるなら今です」と、

セルピコに促され退避し始めた、面々。

 

ガッツが頭上を見ると、そこには、髑髏の騎士の姿が…。

 

さらに、その視線の先を、見遣るガッツ。

 

 

 

≪そこにいたのは…≫

全裸のグリフィス。

 

グリフィスの前にひざまずく、ゾッド。

グリフィスは、ゾッドの額を触るのだった。

 

 

そして、直感した。求めしものは来たれり。

 

「全軍、あの者を(グリフィス)を捕らえよ」と、命令する、シラット。

「しかし、シラット様…」とうろたえる、兵たち。

「この任務には我らバーキラカ一族の復権がかかっている。

今こそが、千載一遇の好機、本隊が到着する前にやるのだ!

行け!」と叫ぶ、シラット。

 

バーキラカの兵たちは、ゾッドに向かっていったが、

当然、苦も無くなぶり殺しにされるのだった…。

 

その影響で、包囲が手薄になった、

この隙に逃げろ、と動き出した、イシドロたち。

 

だが、ガッツと、キャスカはそこに留まっていた。

グリフィスにを求めようとする、キャスカ。

 

逃げる一行は、ガッツと、キャスカがいないことに気づく。

「まさか、まだあの場所に?」という、ルカ。

戻ろうとする、イシドロと、それを止めようとする、ジェローム。

「雑兵はすっこんでろ」と言ったことから、2人はつかみ合いのケンカになる。

 

 

≪さらに悪いことに…≫

そこに現れたのは、大軍団を擁するクシャーンの本隊。

どうやら、ヤツらはこっちには気づいてないようだ。

「あの2人を置いていくつもりかよ」と言って、

ガッツのところに向かおうとする、イシドロを止める、ジェローム。

「今度こそ本当に死ぬぞ!」と、

羽交い絞めにされながら言われ、

「ちきしょー!」と叫ぶ。

 

そこへ、轟いた魔獣の咆哮。

彼方を見ると、

空を飛ぶゾッドの上に乗る、グリフィスの姿が。

 

何者なんだ、あれは…?と、ジェローム。

人ならざる者、と、つぶやく、ファルネーゼ。

 

そして、キャスカを抱えたまま馬に乗り、クシャーンたちを斬る、ガッツの姿が。

 

「しかし、あれだけの大軍を相手に…」という、セルピコ。

「大丈夫。あの男なら、エレーンを守り切るよ、きっと」と、ルカ。

「くたばんじゃねーぞ!

貸しは必ず取り立てに行くからなー!」と叫ぶ、イシドロ。

 

 

≪窮地を離脱した、イシドロたち≫

「俺たち以外にも生き残ったヤツがいるんだな」と、言う、イシドロ。

 

「塔の中に入ったヤツらは全滅。塔から離れた不信心者が生き残った。

もう二度とお祈りする気にはなれねーだろーな」

という、ジェローム。

 

「そうでもないさ、生き延びようとすることと、

恐怖から逃れようとするのは別のことだよ。

周りに流されずに、最後まで生き延びるために行動した奴が、

生き残ったんだ。

神様っていうのは何考えてるのかわかんないけど、

それでも、人が自分で何とかできる領分っていうは、

残しておいてくれてると思うよ」という、ルカ。

 

お花を摘む、ルカ(そのままの意味で…)。

卵から出られずに死んじまった、誰にも出会わず、

誰にも知られずに、そんな寂しいのが1人、あの瓦礫の下に眠っている。

そいつに手向けてやろうと思ってね、と言い、花束を崖下に放った。

 

でも、あいつの願いがかなったのだとしたら、

この先、世界に何が…。

 

 

≪そして、別れがやって来た≫

そして「急いでるから俺はこの辺で、あばよ」と言って、去っていく、イシドロ。

「お礼に、タダでしてあげるよ!」と言われ、

盛大に鼻血を噴き出したが、

急いでるからよ、ツケにしといてやるぜ、

といって、ぎこちなく歩きながら、

去っていく、イシドロだった。

 

エレーン大丈夫かな?と、心配する、ニーナ。

あの黒い剣士なら大丈夫、モズグス相手にも一歩も引かないヤツだから、と、ルカ。

 

でも、誰かを守れる力と、

誰かといられる力は違うからね…、という、ルカ。

(この女、つくづく深い発言多いなー)

 

 

≪そして、現れたのは…≫

杖を突き、お花を摘んでくる、という、ニーナ。

(こっちは用を足す、という意味で…)

 

川辺についた、ニーナは岩陰に隠れていた、何者かに声をかけられた。

姿を現したのは、ヨアヒム。

(こいつもしぶといなー)

 

「僕、君に謝りたくて」という、ヨアヒム。

「あの時は、君たちが恐ろしくて、密告しないと君たちに殺される、と思ったけど、

僕はホントに君のこと、君と一緒なら、って言おうと思っていた。

なのに、勇気がなくて、自分から投げ出して、ごめんなさい。それじゃ」

といって去ろうとした、ヨアヒム。

それを呼び止めた、ニーナ。

 

 

≪ファルネーちゃんは、ファルネーちゃんで…≫

甲冑を脱ぎながら、私は黒い剣士を追う、といった、ファルネーゼ。

私は僧籍を捨てる、と言って、歩き始めた、ファルネーゼ。

アザンに、じゃ、と言って、ファルネーゼを追いかける、セルピコ。

 

「私は幼い日の闇から逃れることはなかったが、

ついに、その闇は形を成して私の眼前に現れた。

まるで怯え続ける私の運命であるかのように。

ただ1人闇の中に立つ、あの黒い剣士に引き連れられて…」

 

 

≪帰りが遅い、ニーナを心配する、ルカ≫

結局、ヨアヒムと一緒に行くことにした、ニーナ。

ルカのことは大好きだが、一緒にいたらまた憎んでしまう。

人は、強い、ってだけで、誰かを傷つけてしまい、

弱い、ってだけで、誰かを憎んでしまう。

同じ弱さと、同じ罪を背負ったこの人と一緒に行こうと思う。

この人となら、お互いにほんの少しづつ強く、やさしくなれる気がするから。

 

ニーナの帰りを待つ、娼婦たちは「おそーい」という。

全てを見通しているのか、

「ホント、世話の焼ける子だね」という、ルカ。

 

 

 

 

 ≪エピローグ≫

その日、辺境より生じた亀裂から、

世界の形は崩れ始めた…。

 

 

 

 

 

 

【短評】

終わったー!けど、これは始まりに過ぎない。

2期やるのか知らんけど…、

 

2017年春…、次篇降臨…、え?やるの?

まー、どっちでもいいんだけど…。 

 

結局は、終わりなき物語になっちゃってるから、

アニメ云々よりも、原作の続きの方がよっぽど気になる。

ベルセルクの終わりが分からないと、俺は死んでも死にきれない。

下馬評では、完結しない、という意見が大勢を占めており、

その前に、作者の命の方が危なさそうだが…。 

 

 

まー、それはさておき。

ルカとか、ニーナって、原作でこんなにでてきてたっけ?

大分、昔の話だから、よく覚えてないんだけど、

本作はトータルして見てみると、物語に直接かかわってこない人たちのウエイトが、

非常に重くなってるな、と感じたのだった。

 

ルカなんか、まさしく「ルカ姉」。

娼婦の身でありながら、賢者かよ?ってぐらいの含蓄があるセリフを、

吐きまくっていたが、今考えてみると、一体、何者だったのか?

ここまでくると、ルカがどうして、娼婦になったのかが気になってくる。

 

ルカが、人間の「強さ」の象徴として描かれているのに対して、

人間の「弱さ」の象徴として描かれている、ニーナ。

最後まで、その姿勢は貫かれていた。

そのトラブルメーカーっぷりには、共感したり、しなかったり、

イライラしたり、しなかったりで…。

最終的には、ニーナだからしょうがない、という気持ちにさせてくれた、ニーナ。

まー、物語を作る上で、こういうキャラ入れとくと、

話は展開しやすいから、都合よかったんじゃないかとは思うが…。

 

あー、忘れてた、一番重要な問題が、

シールケ、声としとりすぎてる問題です。

チワワさん嫌いじゃないけど、

セクシーすぎるよ、もっと子供っぽい方が良かったんじゃ?

 

あとで、ファルネーちゃん弟子入りするよ。

それで、子供に弟子入りするって、突っ込まれるよ。

あれじゃ、どっちが大人かわからないよ。

 

まー、そんなこんなで来年春ですか…。

あんな大々的に宣伝して、ホントにやるのかな?

たぶん、円盤の売り上げも関係してくるんだろうけど、どうなることやら…。