ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

「NEW GAME」10話感想。餌付け作戦発動

 

どうも。ヒャルキィです。

 

「NEW GAME」10話

「正社員ってお給料を安くするための法の抜け穴」

この内容はネタバレです。未見の方は避難してください。

 

前回は、社内をウロウロしまくった挙句、うみこに席移動させられてしまった、

ねねっちでしたが、今回は…。

 

 

 

≪ちょっとお疲れ気味の青葉≫

電車で居眠りし、寝過ごしそうになる、青葉。

改札を出ると、親子連れに遭遇。

そうなのだ、今日は、土曜日だったのだ。

 

会社は楽しいと思っているが、複雑な感情を抱いてしまう青葉…。

そして、あとからやって来た、コウに、

「ダメだ!見ると心を痛めるぞ!」

と言われ、目を塞がれるのだった。

 

 

コウは、青葉がなんかぼーっとしていたから心配していたようだ。

ちょっと寝不足かもしれません、という、青葉に、

マジでしんどい時はちゃんと言うんだぞ、

と、いうのだった。

  

そこに、ドーナツ全品半額中、という呼び込みが聞こえてきた。

そのドーナツ屋はおいしい、と評判らしい。

差し入れに買っていこうか?、という、コウの発言に飛びついた、青葉は、

早速、並びに行った。

その姿を見送り「全然元気じゃん…」という、コウ。 

 

 

≪ドーナツを買って出社した2人≫

すでに来ていたのは、ひふみんだけだった。

挨拶もほどほどに、

ひふみんが買って来たドーナツの存在に気づく2人。

「これ…、おやつにと…、思って…」という、ひふみん。

都合、4箱分になってしまったので、他の部署へ配給しよう、という、コウ。

土曜じゃなければ、ねねっちも食べられたのに…、と残念そうな青葉。

 

そこから、

どうして、アルバイトは土日来てはいけないのか?という話に発展する。

バイトは時給換算だから、

下手すると、青葉よりも給料が高くなる、

という、コウ。

(つーか、その程度で逆転されるような安い給料なのかぁ?)

 

「ま、まさか、正社員って、

お給料安くするための方の抜け穴なんですか?」

という、質問をする、青葉。

「そのことについては今度話そう」という、コウ。

(これは、早いとこ技術習得して独立した方がいいと思うよ、青葉さん)

 

そして、何かを思いついた、青葉。

ドーナツの写メを撮って、ねねっちに「飯テロ」しよう、と喜色満面。

「意外とSっ気あるな…」という、コウ。

 

「じゃあ、それ「アハゴン」にでも渡しといて」、

といって、コウは「企画」にドーナツを持って行った。

 

ねねっちから返信がきたが、くやしがっていたらしい。

それを見て、笑う、青葉。

その光景を見ていた、ひふみんは、何かにおびえているようだ。

「青葉ちゃんって…、仲良くなると…、意地悪になっちゃう…、方?」

 

「やだなー、

そんなことない、と思います…、たぶん」

という、青葉。

「ねねっちだけですよ~」と言ってはいるが、

青葉と仲良くしたいと思っている、ひふみんは、

仲良くなると意地悪な青葉になってしまうかもしれない、と妄想するのだった。

 

うみこのところに行く、という青葉に、同行することにした、ひふみん。

「そんなこともない、か…」と楽観的見通しをする、ひふみん。

(甘いよ、ひふみん。人間のサガをなめちゃいけない…)

 

そのころ、ねねっちは、ドーナツを食べられない悔しさに打ち震えていた。

そして、外から聞こえてきた、親子連れの方に目をやり、

土曜も出勤している青葉のことを考える。

 

 

≪そして「アハゴン」のところへ≫

プログラマーたちは完全にグロッキーになっていた。

その光景に絶句する青葉と、ひふみん。

どうやら、バグが予想以上に多くて、てんてこ舞いらしい。

そして、ねねっちが予想以上の働きをしていることを知る。

 

旧作も熟知していて細かい変化もわかる、ねねっちの存在は、

企画からも高評価、ということだった。

「だが、桜さんの問題は素行…」という、うみこ。

そして、私と、八神と滝本さんから、といってドーナツを渡す、青葉。

 

うみこは礼を言い、ひふみんに空薬莢を渡したのだった。

一瞬ためらったものの、大切にします…、といって受け取った、ひふみん。

そこに、何らかの萌え要素を感じた、うみこは、

今度サバゲーに行こう、

ということを言い出した。

身の危険を察知した、青葉は、「用事を思い出した」といって、

ひふみんを連れ、そそくさと、うみこの元を去るのだった。

 

「うみこはいい人だが、趣味の話になると長くなるから要注意」という、青葉。

「それを見て、やっぱりやさしい青葉ちゃんが好き」と思う、ひふみん。

 

ところが、その直後、

「困ってる、ひふみ先輩かわいかったので、

もうちょっと見てても面白かったかも…」という、青葉。

 

「なーんて。冗談ですよー」と、いった青葉だったが、

「冗談ではなかった…、今の…、顔…」

と思い、おびえる、ひふみんだった。

 

 

≪ブースに戻ると≫

はじめと、ゆんが買ってきたドーナツがあった。

さらに、そこに、りんと、葉月もドーナツを買ってきて、

都合、8箱に。

そんなこともあろうかと、といって、葉月が出したのは、せんべい。

 ドーナツの甘さと、せんべいのしょっぱさを交互に繰り返し、

「もずく」のようなワガママボディ

になってみないかい?と提案する。

 

それを見た、ゆんは、

「あかん…。

あれ絶対食べたらあかんヤツや」と思う。

さすがに、これは食べきれない、他の部署に配るしかないな、という、コウ。

 

青葉が、再び配りに行こうとしたが、

「今度は私、行かない…」という、ひふみんだった。

怪訝そうに、ひふみんを見る、青葉。

 

 

その夜、帰宅した、ひふみんは、

「ソウジロウはやさしくしてくれるよね?」と話しかける。

エサを食べる、ソウジロウを見て、

「かわいい、やっぱり餌付け…、かな…」

という、ひふみんだった。

(ひふみんもちょっと怖いところあるな…)

 

 

≪ねねっちと一緒に通勤する、青葉≫

ねねっちと、一緒に並んで座り通勤する、青葉。

眠そうにしている、青葉を心配する、ねねっち。

昨日は帰ってから絵を描いていたら寝る時間なくなっちゃって、

4時間ぐらいしか寝ていない、と答えた、青葉。

ほとんど寝てないじゃん、といい、

そんなにがんばらなければできない仕事なんて変だ、という、ねねっち。

 

その発言にカチンときたのか、

私には夢があるからいいんだ、といい、それより、

大学生には大学生でやることがあるはずなのに、

毎日会社来てヒマなの?という、青葉。

その言葉にキレた、ねねっち…。

 

 

≪そのことを、うみこに話した、ねねっち≫

涼風さんも怒ることが意外、という、うみこに、

「そっち?」とツッコミを入れる、ねねっち。

 

そして、青葉はたまに怒ることあるよ、という話をする。

「例えば?」と聞かれて、ねねっちは、幼稚園の時に、

男子園児にいじめられていた時のことを思い出していた。

(回想の中で、青葉はどんくさいのに、いじめられている、ねねっちのところに、

走ってやってきて、ハアハアしながら、ねねっちをいじめるな、とかばっていたのだ)

 

すぐに仲直りできますよ、という、うみこ。

仲直りしたいわけじゃない、という、ねねっちだったが、

「このままバイト期間が終わってしまうと、

疎遠になりますよ」

と言われ、泣き出しそうな顔をする、ねねっちは、

つんぬるですか?と言われる。

 

 

≪そして、昼≫

朝の出来事があって、仕事に集中できなかった、と、青葉。

キャラ班の先輩に、昼はどうするか?と聞いたが、

仕事がたて込んでいるようで、断られた。

ねねっちのことが気になったが「知らない」と思い、1人で社食へ。

 

そこへ、コウが現れた。

「八神さんも1人なんですか?」と聞くと、

「りんに振られちゃってさ…」という、コウの発言を軽くスルーした、青葉。

「突っ込んでよ」と不服そうな、コウだったが、

青葉の様子がいつもと違う、と感じたようで、

「何かあった?」聞くのだった。

 

「実は…」と、朝あった出来事を話す、青葉。

「ひどくないですか?私がんばってるのに…」

という言葉に、同意を示した、コウ。

そして、私の母も自分のことを心配して連絡してくるが、

なかなか理解してもらえない、ということで、共感する2人。

その様子をこっそり見ていた、ねねっち。

 

 

≪なんでこんなことに…≫

青葉に気づかれそうになって退散したのだった。

「あおっちが心配でこの会社に来たのに、

どうしてこうなっちゃったんだろう?」

自分の席に戻り、ため息をつきながら、パンを食べる、ねねっち。

 

うみこが「昼休みが終わるまでに10分ありますよ」と助け舟を出してきた。 

その言葉に触発されて、

「やっぱりこのままじゃいやだ。仲直りしないと」 と思い席を立った、ねねっち。

 

食堂に行ってもいなかったので、青葉の席に行った、ねねっち。

だが、そこにも、青葉はいなかった。

ゆんが、青葉は、コウにたのまれてお使いに行った、といわれたねねっち。

 

モニターに映る、40~50体の村人を見て、これは青葉がやった仕事なのか?

という、質問をすると、

今回は開発終盤だったから、名のあるキャラクターはほとんど終わっていたけど、

青葉はがんばっているから、

次の作品ではもっといい仕事させてもらえるんじゃないか、という、ゆん。

 

それを聞いて、社内を走り回って、青葉を探す、ねねっち。

そして、床の配線に足を引っかけ豪快にすっ転んだのだった。

その光景を目の前で見ていた、青葉は、ねねっちに手を貸す。

 

ねねっちは、

仕事がんばっているのにバカにするようなことをいって、ごめん、と謝る。

青葉も、

心配してくれたのに怒ってごめんね、というのだった。

こうして、2人のわだかまりは解けたのだった。

 

でも、だからってムリしちゃダメなんだからね、と付け足す、ねねっち。

分かってるって、でも、ねねっちが心配してくれている、

っていうことは本当にうれしい、と、青葉。

 

さらに、

開発の仕事は楽しいし、応援もしてる、だから、

青葉のキャラデザの夢が叶って、そのゲームが発売されたら、

最初にサインをくれること、ということを要求する、ねねっち。

叶うかどうかはわからないけど約束する、という、青葉。

 

 

≪仲直りできてご機嫌の、ねねっちは…≫

もう仲直りしたんですか?と聞く、うみこ。

ご機嫌の、ねねっちは椅子に座り足をバタバタさせていた。

だが、その足がコードに引っかかり電源を引っこ抜いてしまう。

 

しかも、その電源は

サイアクなことに、うみこのPCだった。

電源が落ちた、うみこのPC…。

青ざめる、ねねっち。

「桜さんはまず、自分の心配をしましょうか…」

と言われ、「ごめんなさーい!」と平謝りする、ねねっちだった…。

 

 

≪餌付け作戦発動≫

仕事中の青葉の横に置かれた箱。

辺りの様子をうかがってみたが、誰も動いた形跡はない。

モニターを見てみると、

「いつまでも優しい、青葉ちゃんでいてね(*´▽`*)」

と、ひふみんからメールが…。

その状況をよく理解できない青葉。

 

一方、コウの元には着信が…。

宛名を見て慌てて給湯室に駆け込んだ、コウ。

それを見ていた、りんは「まさか!」と思い様子を見に行ったのだった。

相手が、コウの母からだということが分かり、

安心してその場を去る、りんだった。

 

 

 

≪短評≫

ドーナツけっこううまそうでしたねー。

モデルになったドーナツ屋、阿佐ヶ谷にあんのかなー?

総武線1本で行けるが、めんどいから行かないけど…。

つーか、モデルになった会社が存在するなら、

阿佐ヶ谷には聖地巡礼の人がけっこういるってことか?

この作品の真の人気が分からないので、詳しいことはよくわからないが、

円盤どれだけ売れるか楽しみですね。

損益分岐ラインは超えるんじゃないか、という予想は立てているが、

どうなるんでしょうか?

 

そして、相変わらずの、ねねっち…。

まー、そういうキャラとして設定されているんだろうから、

しょうがないと思うんだけど…。

「七人の侍」でいうところの「菊千代」みたいな感じ?(たとえ古っ!)

 

それにしても、餌付け作戦とは、

ひふみんもなかなか隅に置けないな、と思いましたねー。

一体、あの箱の中身は何なのか? 

気になるところではあります。

 

さて、次回「リーク画像が昨日、ネットに出てましたよ!」

これは、穏やかではないタイトルが…。

俺の予想では、

真っ先に、素行の悪さで、ねねっちが疑われて「魔女裁判」に…。

おー、怖っ!

どうなってしまうんでしょうか。こうご期待です。