読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

「プリズマイリヤドライ」2話感想。「言峰ラーメンおそるべし」

アニメ関連 プリズマイリヤ 2016夏

あ、どうも。ヒャルキィです。

 

ドライ2話。今週もけっこうおもしろかったです。

未見の方はネタバレ注意

 

「Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ドライ!」公式サイト

anime.prisma-illya.jp/
 

 

 

前回は、ベアトリスがイリヤを発見したところまででした。

hyaluckee.hatenablog.com

 

【2話の内容】 

危険を感じ、田中に逃げることを促そうとしたイリヤだったが、

田中は、ベアトリスに自分が何者かを尋ねるのだった。

 

 

「うぎゃ!ブルマだ!バカだ!変態だ!」

ベアトリスさんにドン引きされてしまう田中。

どうやら、ベアトリスさんは、ブルマ派ではない模様。

残念です…。

 

戦うすべを持たないイリヤたちは逃げることにしたが、行く手を塞がれてしまう。

覚悟を決めて、ベアトリスに対峙する田中。 

「あの、私は誰ですかー?」

「知るかー!バカだろ!あんた超絶バッカだろ!」

イリヤもずっこけています…。

 

 

あと一歩で、ベアトリスが振り下ろす電柱の餌食になるところだったが、

緊急招集がかかったらしく、イリヤたちを放置して戦線離脱するベアトリス。

それにしても、あと10cmぐらい振り下ろせば始末できたのに、

それをしなかったのは気になります。

 

田中は、

「エインズワース家を滅ぼさなければならない」

ということだけを思い出したようだ。

エインズワース家に向かおうとする田中だったが、

記憶喪失のため、それがどこかがわからない。

 

しかも、空腹の限界を超えた田中は道に倒れこむ。

公園に戻り、水を飲むことを切望する田中だったが、

「ごめんなさい田中さん。教えてなかったけど、本気の空腹は水じゃ癒せないんだよ!」

 

 

そこへ、「ラーメン麻」の店主(言峰(仮))が現れて窮地を救ってくれる。

 

 

「あの…、これはいったい?」

「麻婆豆腐だが!」

と言峰。

「ラーメンはどこに行ったの?」

どうやら、底の方に申し訳程度に入っているらしい…。

食べてみると、

「うわー!ラーメンのスープすらない!全部マーボーのあんかけだ!」

地獄のような辛さのマーボーにむせるイリヤ。

一方、完食した田中は、

「口の中とおなかが焼けただれたようにずんがずんがして、汗と震えが止まらないです」

「もはや料理の感想じゃないよ!」

「ずんがずんが」というワードを初めて聞きましたが、その切羽詰まったかのような情感が伝わってくるステキな言葉です。

そして、「完食できない場合は、首から下を土に埋めて口からマーボーを流し込む」という、言峰さん。

「珍味にはなりたくないよぅ」

と、がんばって、麻婆ラーメンを完食したイリヤさんだった。

 

 

食後、どうして街にクレーターがあるのかとか、夏に雪が降ってるの?とか、聞いていたイリヤだったが、またしても試練が降りかかる。

「そんなことより、麻婆ラーメン2つで3,200円だ!」

有料?しかも、けっこう高いし。

行き倒れているとわかっているのに料金を取ろうとするとは、さすがは、

ラーメン言峰…、おそるべし

そして、畳みかけるように、

「料金が払えないなら、豚骨の代わりに出汁にしてやる」という言峰。

 

 

「ラーメン屋さんが放っていいレベルの殺気じゃないよー!」

 

危うく、「言峰ラーメン」のスープになるところのイリヤたちだったが、 

そこへ、ギルが現れて窮地を脱する。

料金を立て替えてくれたのだ。

 

ギルは以前イリヤが倒した存在だったが、消えたのは黒い方だけだったらしい。

初めは、ギルを警戒していたイリヤだったが、

「これからは仲良くやろうよ。おねえちゃん」

の一言で、「ズッキューン!」となり懐柔される。

しかも、都合よく、エインズワースのことを知っている、

ということで行動を共にすることになる。

 

 

 

クレーターの中心にあるというエインズワース家に向かうイリヤたち。

「Dえもん」の如く次元の穴から、敵に探知されない道具を探すギル…。

電車ごっこでエインズワース家へ。

 

 

 

 

エインズワース家の裏口から屋敷に侵入しようとする、イリヤたち。

だが、運悪く、美遊をさらった片割れ「アンジェリカ」が出てきた。

姿は見えないが、何かを感じたアンジェリカは壁に切りつけ、過ぎ去って行った。

「何もないか。マーボーのにおいがしたんだが…」

ここにもマーボー絡んでくるんですか?爆笑です。

「またマーボーのせいで命を落とすところだったよ!」

言峰ラーメン、いろんな意味でおそるべし…。

 

 

≪で、どうなった?≫

屋敷の奥には人が捕らえられていたが、

それは、美遊ではなく「美遊の兄」だった。

美遊の兄は、美遊を助けてくれ、ということをイリヤにたのみ、

イリヤもそれを引き受ける。

そして、そのさなか、気配を察知したアンジェリカが戻ってきて攻撃を仕掛けてきた。 

 

 

【短評】

いやー、今週のイリヤおもしろかった。

シリアスなシーンもあったけど、

笑いの要素もふんだんに含まれていて、飽きさせない展開になっていた。

それよりなにより、マーボーのインパクトが強くて…。

それにしても、マーボーでこんなに笑いとれるか?

さすがに、作り方うまい。

しかも、BD1巻のCMナレーションも、マーボーがらみで最大効果狙っていた。

 

 

【次回内容】

hyaluckee.hatenablog.com