読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒャルログ

なんとかなるなる、なんとかなる

この際だから、ファイナルライブについても書いてみた…

 あ、どうも、ラブライブクレイジーのヒャルキィです。

 

ラブライブ! ファイナルライブBD

予約受付開始! 

まー、1週間ぐらい前の話だと思うんですけどね…。 

 

「ラブライブサンシャインファーストファンブック」も発売され、

ファイナルライブのBD予約が解禁されたので、

ファイナルライブの時のことでも記そうかと…。

 もう、けっこう過去の話ではありますが、当時の記憶を思い出しつつ、

綴っていこうと思います。

 

今となっては懐かしい話ですが、

先行受付申し込んだら、ドーム1日目当選してたわけですよ。

「いやー、よかったよかった」と思っていたが、

いざ、コンビニ行って引き換えてみると、

2階???

家に帰ってから調べてみると、

2階の後ろから2列目…?

「あのドームで?」

「5万人入るやつで?」

つーか、これほとんど天井…、だよ…?

「これって、もしかして発券順?」

「「先行」とか「一般」の区分けって意味あるの?」

当選しなかった人もいるのに、まったくもって贅沢な悩みです。

でも、マジで、

「こんなことってあるのか!」

と思いました。

 いやー、青春の、1コマってこういうことを言うんでしょうね。

 

 

その時、前に勤めていた会社の男の子が、たまたま連絡してきたので、

なんだかんだあったが、一緒に行くことになりました。

 

まー、たしかに後ろではあったんですが、

勾配も急なので、予想していたよりは見れるかも、という位置でした。

 

そして、開演時間になり、μ’s師匠の登場ですよ。

何が良かったかって、月並みですが全部ですよ。

まさに、珠玉のヒットパレード。

とにかく、無我夢中で声が出なくなるまで叫び、力の限り体を動かした。

そして、全42曲の熱演が終了した。

 

 

終演後、一緒に飯を食べに行ったんですが、

まさかの第2章、突然のカミングアウト…。

その席で、何か言っておきたいことがある、

ということだったので聞いてみると、

「いやー、言おうか言うまいか、

迷っていたんですが、

実は僕、明日も行くんですよ」

「ヴぇぇぇぇぇ…、

この子、2DAYS両方とも…、

熱狂的ラブライブヲタの俺を差し置いて、

ファイナルのファイナルも行くのか…、

マジかよ…」

と絶句しました。

それは、言わない方が思いやりがあるってもんだよ…。

そのあとのことはよく覚えていません…。

 

とにかく、

強すぎる思いっていうのは、

時として人を不幸にする

ということは学習しました。

 

 

もはや評論でもなんでもない話、おしまい~。